ネットビジネスを始める事を考えたときに1つの選択肢になるのがドロップシッピングなのですが、実際に儲かるのかどうかが気になるかと思います。

どうしても稼げるのか稼げないのかって始める前に気にしますよね。汗。

それと実際にやる気を出してチャレンジしてみてもうまくいかないとドロップシッピングって本当に儲かるのかが気になると思います。

今の時代はライバルも多くて稼ぐためのスキルはかなり高いものが要求されていると思います。


この記事は僕のような過去に中途半端に取り組んだヘタレがどういう結果になるのかという実践の検証結果といえます。


ある意味では参考になる数値や指標となるのではないかと思います。

もし今の知識で再挑戦するならとか、その再挑戦の価値はあるのかなどの考察や分析をしてみたいと思います。

業界についての推移

ドロップシッピングが儲かるのかどうかですが、僕は既にドロップシッピングからは撤退しているので、ある程度はあっていると思いますが、少し業界の外から見た分析と思ってください。

簡単にいうとドロップシッピングは在庫を抱えなくてもいいネットショップ運営です。

昔から通販というのがあったと思いますが、インターネットを使わないカタログ通販でした。


楽天やアマゾンがここまで成長する前に個人の運営するネットショップブームがありました。


第1次ネットショップブームが起き、その成功者が成功体験を語って第2時ネットショップブームが起きました。

老舗といえる「もしもドロップシッピング」の会社設立は2004年12月20日のようなのでかなり昔から存在していたサービスですね。

昔はネットショップが個人運営で成功したわけですが、今は個人運営のネットショップを束ねる楽天や、総合サイトはアマゾンが牛耳っていますし、大手の小売店舗もネット通販に当たり前のように参入してきているのでドロップシッピング自体は過渡期を過ぎたんじゃないのかなと思うわけです。

アフィリエイト業界は広告費がテレビ業界からガンガンとネット業界にシフトして増えているのでまだもう少し成長期が続くのかなと思います。

ドロップシッピングの実践

実際にドロップシッピングに挑戦してどれだけ稼げたか、その期間や手法などをまとめたいと思います。

僕が全部玉砕したネットビジネスの順番を書いておきます。

  1. アフィリエイト
  2. ネットショップ
  3. ドロップシッピング

となっていて、ネットショップに関しては2008年くらいに挑戦しています。

ドロップシッピングはその後に兆戦しているので2009年くらいですね。

あまり本質を理解しない何もわからずに意味の薄い作業をずっと気付きもせずやっていたのですが、2013年くらいまで放置プレイ期間もありましたが作業をしていたと思います。

結果は2017年04月12日にもしもドロップシッピングにログインしてみると記録が残っていました。

  • 月間ベスト:148,285円
  • 累計売上:756,788円

注意してもらいたいのはこれは利益でなく売り上げだという事です。

利益は10%~20%くらいなんで、月間ベストが約1万円で総利益が10万切っている感じです。


ちなみに膨大な作業時間を使いました。笑。


今考えると全く意味のない作業も相当していました。

後は使った経費と作った店舗数とかもわかる範囲でお伝えしておこうかと思います。


一応は経費を一切かけないで全部無料でも挑戦することも可能です。


「ショップできすぎくん」といったネットショップ(ホームページ作成)ツールをもしもドロップシッピングが用意してくれていました。

でもデザインが進化する中で対応が遅かったりしましたし、作れるショップの数に制限があったりで作業効率を上げるために僕は別に店舗作成用のツールを購入したわけです。

もしもが用意してくれている無料のツールも、その後に改良が加えられてバージョンアップ対応はされいってるようなので、かなり無料ツールも進化したとは思います。

ちなみに僕は一番最初にホームページ作成ソフトのホームページビルダーでも作りかけたわけですが、1ページ作るのに無茶苦茶時間がかかるのと、CMSになっていないので1箇所メニューやサイドバーを修正すると作ったページ全部修正が必要とかのありえない作業が必要でした。


プログラムをわかっている人間からすると当時のホームページ作成とは無駄作業の塊だったわけです。


一応は当時もシリウス(SIRIUS)の前のウェブ作成ツールであるアクオス(AQUOS)とかワードプレス(WP)とかムーバルタイプ(MT)もあったと思うので、そういったツールを使っていればもう少し作業効率化はできたはずですが、そんなソフトやツールを使う意志は何故か全くなかったんですね。汗。

なので1店舗を魂を込めて作って売り上げを伸ばしていくというのが最初のスタイルでした。

ただ稼げる人はどんどんツールを使って1人で多店舗運営していく流れとなっていったわけです。

リアルなネットショップは仕入れや配送があるので多店舗運営は物理的に1人では不可能ですが、ドロップシッピングのネットショップはそれが可能なわけです。

使った経費

では実際にネットショップを運営するために使った経費をまとめていきたいと思います。

今確認するとショップ作成用のツールに「雷神」というソフトを購入していました。


infotopで購入したのですが、当時は39800円もしました。


でもこれで作った店舗で初売り上げがあがったわけです。

もしもが用意してくれたCSVから一気にページが作成できるので、10万商品のページ数も10万ある総合ショップが1日で作れるというソフトです。

これをジャンルごとに分けると、コスプレや家具、おもちゃなど何でも作れたわけです。

これに合わせて後ほど出たブログへのサテライト記事自動投稿のツールが7800円くらいで追加で購入しています。


このサテライトブログは今考えると本質から外れた意味のないゴミブログです。汗。


基本は今では誰もしない相互リンクなどのSEOで集客しようとがんばっていたのですが、一時期にほんの少しだけPPC広告(リスティング広告)にもチャレンジしました。

コルクマットの商品を販売するのに挑戦してみたのですが1万円以上は使ったかと思います。

売れる商品だったので広告を出稿するライバルも多かったので赤字かトントンくらいでした。


レンタルサーバー代などを考えると100%赤字ですね。笑。


ちなみに「雷神」は有名なドロップシッパーの人が自分のブログで使っていると宣伝していたと思います。

今ちょっと確認していたらかつての成功体験に掲載されていた有名ドロップシッパーの多くはどこかに消えていってしまったようです。汗。


時代の移り変わりはとてつもなく早いものです。


この「雷神」は慣れるまではいろいろと設定は難しいのですが、ネットショップを1店舗作る作業効率は抜群に上がりますし、当時の業界レベルでいくとすごい綺麗なデザインでネットショップが作れて量産ができたわけです。

ただこのソフトでみんな量産を始まると、同じようなショップが大量に出来上がってくるわけで・・・。

そしてCSVからサイトを生成する関係上、それなりに意味のあるネットショップであったとしてもグーグルのパンダアップデートに引っかかるのは必然で、グーグルからは価値の無いサイトと扱われてしまうわけです。

もしもドロップシッピング

もしもドロップシッピング用のネットショップを作った数は膨大な数を作っています。

最初はホームページビルダーを使っていくつか作りました。

次にもしもドロップシッピング用の無料ツールのショップできすぎくんでも作り、最後は「雷神」での量産をしたわけです。

既にドメインもサブドメインも消えて、今からパソコン内のデータも消すので書き出したのですがかなりの数を作ってますね。

ホームページビルダー

  • ショッピングタワー
  • お通販モール
  • 電子タバコショップ
  • 麺麺道
  • マスク通販ショップ
  • 焼肉ハッピー

このあたりはhtmlの手打ちでの作業も含めてやってましたが1ページの作りこみやメンテナンスなど限界でした。

しかもSEOの知識もなく売り上げ0でした。

でもドロップシッピングに挑戦する前に自分で手打ちで作っていたこれネットショップなの?みたいな貧相な1世代前のサイトからは10件以上は注文がきたんですけどね。笑。

超赤字でしたけどサラリーマンでの給料と違って物が売れるのはなぜか楽しかったです。

ショップできすぎくん

  • 姫君コスメコスメ
  • 姫君ダイエット
  • 姫君ブランド
  • 姫君アクセサリー
  • デジデジデジ

とりあえず無料ツールを使って作ってみようとチャレンジしたわけです。

htmlの手打ちよりは素晴らしいショップが出来上がったんですが、時代の流れは早くてデザインはすぐに古いものになってしまいました。

この無料ツールをすごくカスタマイズをがんばって売り上げを上げている方もいましたが、僕は売り上げは出ませんでした。

雷神

  • iPadグッズショップ
  • iPhoneグッズショップ
  • iPodグッズショップ
  • テンガマン
  • お水通販ショップ
  • お米通販ちゃお
  • お茶の館
  • お通販モール
  • アウトドア通販ショップ
  • インスタントマニア
  • インテリア館
  • オフィス用品ショップ
  • カー用品ショップ
  • ガンプラ通販ショップ
  • キッチンショッピング
  • キットソンチャネラー
  • キットソン通販ナビ
  • コスパラ
  • コスプレ天国
  • コルクマット通販ショップ
  • コーチチャネラー
  • コーチ通販ナビ
  • ゴルフ通販ショップ
  • スイーツ通販天国
  • ステッキ屋さん
  • ダイエットクラブ
  • パワーバランスショップ
  • ビール通販ショップ
  • フィギュア通販ショップ
  • ブランドエンジェル
  • ブランドバッグチャネラー
  • ブランドバッグ通販専門店
  • ブランド通販ショップ
  • ブルガリチャネラー
  • ベビーキッズクラブ
  • マッサージチェアショップ
  • メディアの館
  • ヴィヴィアンウエストウッドチャネラー
  • 寝具布団屋さん
  • 小型カメラショップ
  • 海鮮市場
  • 激安訳あり通販
  • 激安通販もしモール
  • 自転車屋さん
  • 野球用品通販ショップ
  • 電脳通販モシマーケット
  • TENGA(テンガ)通販ショップ

これ1ショップ作るのに設定やショップの画像なんか作らないといけないので結構時間がかるんですよね。

こんな意味のない無駄な作業をずっとやっていて出口のない迷宮をさまよっていたんですね。汗。

多分ですがグーグルのパンダアップデートで有名だった人も含めて多くのドロップシッパーの人は消えたんじゃないのかなと思います。

リアルドロップシッピング

実は有名なドロップシッピングはもしも以外にリアルというのがありました。

無料のショップ作成ツールのデザインは明らかにリアルドロップシッピングの方がデザイン的にクオリティが高かったです。

リアルドロップシッピングの売り上げで生計を立てている人も結構いたと思います。


ただ途中で社長が薬事法違反容疑で逮捕された後は閉鎖になりました。


当時の有名ドロップシッパーの人のブログを見ていると会社的にもモラルが低かったようです。

モラルに関しては上場企業でも犯罪行為に近い事をいくらでもやっているので、ま~よくある事なんだとは思いますが・・・。汗。

一応は無料+少しお金を使ったと思いますが4店舗作ってみました。

  • メディアの館
  • 奇麗の館
  • 素敵の館
  • 夜の館

リアルドロップシッピングの用意してくていた同じテンプレートを使っていて専業でやっている人がいたので完全に集客の問題や、もしかすると商品選びも問題があったのかと思いますが1件も売れませんでした。


これは本当に外してますね。汗。


稼げるかどうかの検証に到達する前の段階で失敗しているので儲からなかったです。


儲かるかの検証結果

僕の検証結果からはドロップシッピングでは儲からないというか儲からなかったという結論が出ています。

2017年からはじめて稼げるかどうかですが、かなり試行錯誤の時間はかかるかなと思います。


でもこれはどんなジャンルでもそうですね。笑。


昔はトップドロップシッパーの人は月商1000万を超えていて、利益は100万を超えていました。

今はかなりの数の有名ドロップシッパーが消えたか、アフィリエイトに転向したか併用しているかと思います。

この記事を書くにあたって過去の有名なドロップシッパーの人のブログなんかをチェックしたのですが、数人はまだがんばられている方がいるようです。


2017年でも利益ベースで30万円以上は可能なようですね。


あまり別ジャンルと比べてもどうかと思いますが、アフィリエイトでのトップアフィリエイターは利益ベースで1000万超えている人もかなりおられるので業界的に熱いのはアフィリエトだと断言できますね。

今からネットビジネスを始める人が1からドロップシッピングのジャンルを1人で試行錯誤するのはきついと思います。他のジャンルはもう少し無料の情報でも役立つものが揃っている気がしますね。


ただ何が価値ある本当の情報かを見極める知識と経験がないと結局は意味がないです。


一番はじめやすいのはトレンドアフィリエイトをブログで始めてアドセンス収入を狙うのがいいんじゃないのかなと思います。

2017年においても継続してドロップシッピングで稼げている感じの人の手法というかショップの作り方はシリウスやワードプレスでがんばっているようでした。

もしもAPIとかを使わないとメンテや管理が大変だと思うんですけど、いまだにがんばっている人達って使っているのかな?

まだセミナーなんかも開催されていたりするようなので、全く稼げないというわけでもなく、稼げる可能性は0ではないんじゃないのかなと思います。


まとめ

自分が今の知識をもって過去に戻れるならドロップシッピングをやるかというと、今の業界の現状を考えるとやらないです。

読んだ人が役に立つと思える記事を書くアドセンスのブロガーであったり、ある程度の本質や稼ぎ方を理解しているアフィリエイトを徹底的に取り組むと思います。


逆に今の知識で一からドロップシッピングで初売り上げを上げる使命を受けたら悩みますね。


狙うジャンルやキーワードを1から調べていく作業の先にあるショップ作りのイメージがあまり沸かないんですよね。

どうしてもメンテナンスを考えてしまうので・・・。


かといって「雷神」は使う気にはなれないですし・・・。


今はレスポンシブル対応されて「雷神3」になっているらしいです。汗。

トレンドアフィリエイトのブログであったり、サイトアフィリエイトならどれくらいの質の記事をどれくらい入れて、どうやってPDCAを回していけばいいのかってのがイメージできるんですけどね。

もし初心者の人が今からドロップシッピングを始めるのであれば、一通り自分でもしもドロップシッピングが用意してくれているツールを使ってネットショップを作ってみた後に99%の確率で1件も売れない事が理解できると思います。


キーワード選びの集客や、売れる商品でライバルに勝てそうな商品選び、初売り上げを達成するのにどれくらいの作業をどれくらい続ける必要があるのかって見えないと思うんですよね。


まずは作るという部分での基礎力が付いたら本当に稼いでいる人のセミナーとか講座に参加して教えてもらうのが初売り上げを上げる近道かなと思います。

その後も売り上げを伸ばすためのPDCAの回し方や検証の仕方も学んでいく必要があります。

この記事がドロップシッピングへの参入を検討している人や実践中の人で、本当に稼げるのか稼げないのか、儲かるのかと疑問を持っている方の参考に少しでもなればいいなと思います。

こちらの記事もどうぞ!