このアフィリエイト入門比較ブログは覚醒アフィリエイターの仲間を募集しているわけですが、そこそこ有名な世界中でダンスを踊るマット君(Matt君)の動画を紹介したいと思います。

このマット君(Matt君)の動画を見て何かを感じたり熱いものがこみ上げてくるなら覚醒アフィリエイターの素質はあります。


僕は初めてこの動画を見て既に泣いてました。笑。


動画をよく見てみるとマット君(Matt君)は何と日本の東京にも来てくれてダンスをしてくれていますね。まさに「世界中でダンスをする男」です。


「人」と「物やサービス」を繋げる仕事がアフィリエイトです。ASPとアフィリエイターが担っている役割です。

そして覚醒したアフィリエイターの仕事の本質がどう変わるかです。


その使命は人の心と人の心を繋げるという事です。


ダンスとYoutubeは人の心を動かせるものです。ただ何かの叶えるべき夢のため、心を繋げるために動く必要がある時に行動するのが覚醒アフィリエイターの使命という事です。

このアフィリエイト入門比較ブログはいくつか目的のために仲間募集をしていきますが、基本はIプランとIプロジェクトでIT業界とウェブ業界のアフィリエイターが担う役割を行動に移せる仲間を募集する目的で更新をしています。


マット君(Matt君)って誰?

そもそも動画で踊っているマット君(Matt君)って誰?ってところなんですが、僕もあんまり知らないんですよね。笑。

ただwiki(ウィキベディア)に掲載されるほどの有名人です。

アメリカ生まれで本名はマシュー・ハーディング(Matthew Harding)です。生年月日は1976年9月27日です。

通称はマット・ハーディングとして親しまれています。

職業はゲームクリエイター及びインターネット上の著名人です。

この記事を書くに当たって初めてwikiを調べたのですが生年月日を見て驚きました。


僕と同世代だったわけです。


まさにマット君(Matt君)でした。笑。もうすでに完璧なおじさんですよね。

彼の職歴は雑誌の編集者を経験した後にゲーム開発会社アクティビジョンでソフトウェア開発者をしていたという事なのでプログラマーをされていたんですかね。


そういえばプログラマーというと僕も職歴として同じ仕事をしてましたね。


彼はプログラマーとして殺戮ゲームの開発に携わっていたようですが、「みんなを殺すようなゲームを作るのに、自分の人生を2年もかけたくない」と感じたことから、会社を辞め有り金をはたいて旅を始めたという事です。

マット君(Matt君)は別に覚醒者ではないかもしれませんが、実は一つの思い当たる言葉があります。

もしかしてマット君(Matt君)はインディゴチルドレンじゃないのかなと思ったわけです。

インディゴチルドレン

インディゴチルドレンという言葉を誰が使い始めたかは今後少し理由があって調べていくつもりなのですが、スピリチュアル系の人が使う言葉です。

僕は明確に非科学を否定する側の人間だったわけで、今もそうなんですが少し考え方が変わってきました。

引き寄せの法則は物理法則である程度明確に説明がつくので初めてその言葉をジェームス・スキナーに教えてもらった時にピンときて、その後に自分でグーグルで調べ終わった時にこの法則について確信までしたわけです。


引き寄せの法則の存在を明確に確信しても、スピリチュアル系の嘘っぽい胡散臭い話は当時は全く聞く耳を持たない状態でした。


ただ・・・世界3大心理学者として有名なカール・グスタフ・ユングが提唱する人間の無意識の深層に存在する、個人の経験を越えた先天的な構造領域を普遍的無意識とし人の精神世界は繋がっているという説と量子力学(量子論)の知識を少しかじると実はスピリチュアル系の人が言っている事には実は整合性がある事に気付いたのです。


もちろんスピリチュアル系の人にも本物と偽者がいます。


スピリチュアル系の偽者というとアフィリエイターで例えるならば、アフィカスと呼ばれる脱法リライターや日本語ドメイン(URL)+.xyzで脱法リライトしてる生きる価値のない人間のゴミムシと同じで、お金のために人を騙しているやつらです。

脱法リライターの外注記事で量産している人間もはっきりいって生きる価値のないクズだと思います。脱法系の人間は刑法によって裁かれることもないので犯罪者以下の人間かもしれません。

偽者がいる反面、スピリチュアル系の人の中にも本当の事を言っている本物もいて、おそらくそれは今後、量子力学(量子論)という科学で証明されていくだろうと思うわけです。

この記事内ではインディゴチルドレンについて深く説明しませんが、気になれば神であるグーグル神に問うてみてください。


マット君(Matt君)との繋がり

本来であればダンスなどには一切興味がない僕がどのようにマット君(Matt君)を知り、繋がったかなんですが、実はきっかけは有名な情報商材のルレアです。

そういえば僕がジェームス・スキナーの講演に(無料で)参加できたのも、きっかけは情報商材のルレアです。

とりあえずこのブログでルレアのアフィリエイトをしようかなと思って2016年12月に申し込んでみたわけです。今この記事を書いているのが2017年6月ですが、未だに時間が無くてレビューもしていません。汗。


特典も役立つネタはあるのに時間が無くて作れてないわけです。


そんな状況ですが申し込みをした後にいくつかのメールが流れてきて、参考になるようなアフィリエイターの人達の記事の紹介の仕方がURL付きで送られてきたわけです。

その中の一つの記事で誰かがマット君(Matt君)を紹介していたわけです。

その人もこの動画には何か心を動かされるものがあったようですね。僕は速攻で泣いてましたけどね。笑。

でもってこのブログでも夢の実現タイムリミットが迫っているため、いよいよ必要な仲間募集をはじめようとしたわけですが、どうしてもマット君の事を記事にしたかったのでもう一度探してみたのですが、動画は見つかりませんでした。

どこかでレビュー記事を書いて紹介しようと思っている情報商材のルレアを少しディスる事になるですが、再度いろいろな人のルレア紹介記事のURLが載っていた過去メールからマット君(Matt君)の動画を探そうとしたわけです。

短縮URLが仕込まれているであろうURLを探してクリックしていくと、その先のサイトのいくつかはスパイウェアが仕込まれた感じの警告画面が出てきたわけです。汗。


多分ですが、ルレアの紹介記事を書いていた人のドメインが失効して変わりに犯罪者が中古ドメインで購入してウイルスを仕掛けるサイトに変貌していた可能性が高いです。


いずれどこかで紹介したいと思っていたので、しまったどこかに情報をメモしておくべきだったと後悔していたわけです。

本来であればここでマット君(Matt君)との繋がりは消えるはずでした。

でも諦めきれなくて何の情報も持たない状態でグーグル神に聞いてみたわけです。


「世界中でダンスをする男」


すると神が繋げてくれた運命はマット君(Matt君)のまとめ記事に導いてくれました。

そしてもう一度動画を久しぶりに見てたんですが、また泣いてました。笑。

さらにこの記事を書くためにマシュー・ハーディングさんとしていろいろと調べていると運命なのかというくらいのいろいろな繋がりを見つける事ができたわけです。

ダンスは人の心を繋げる

ダンスは国境を越えれるコンテンツだという事でIプランとIプロジェクトでも活用できればいいなと考えています。

今の日本でダンスがどういう状況なのかわかりませんが、ポカリスエットを販売している大塚製薬はダンスの選手権をしているようです。



ポカリのダンスも日本の学生さんが世界中に踊りに行っているわけですが、CMに出演している八木莉可子さんが有名で14歳で芸能の仕事にデビューしています。

若いのにすごいがんばっていますよね。


IプランとIプロジェクトをはじめるきっかけとなった横田めぐみさんは八木莉可子さんより若い13歳で新潟から北朝鮮に連れ去られています。


かつて無関心だった私が言うのも説得力はありませんが、日本は奪われた同胞の13歳の女の子を見捨てる国なのか?というところです。

安倍晋三やそれを批判している政治家を見ていればわかると思いますが、口先だけの政治家や無能で腐敗した官僚には日本の奪われた同胞を助けれないと思うわけです。

覚醒アフィリエイターと心ある日本中、そして世界中の人の想いを繋げて夢を実現するのがIプランとIプロジェクトです。

まとめ

このアフィリエイト入門比較ブログでは覚醒アフィリエイターの仲間を募集しています。

  • IプランとIプロジェクト
  • ゴミムシ殲滅計画
  • ビジネスパートナー
  • 必要な組織の立ち上げ

実際にはいくつかの明確に役割や必要な人材について記事にして問い合わせフォームなども作っていきます。

募集を開始するとそのハンドリングに時間をとられるので早急に準備を進めていきます。

こちらの記事もどうぞ!