情報商材の購入や情報商材のアフィリエイトといえば一番有名なのはインフォトップ(infotop)かなと思います。

有名なインフォトップですが、ヤフー知恵袋での相談や被害やトラブル的な解決方法を検索している人もいます。

実際にこの会社が詐欺会社なのか、評判はどうかとか、購入する情報商材は大丈夫なのかとか、アフィリエイターとしてアフィリエイトする場合にはどうなのかなどを徹底分析してみようかなと思います。


ちなみに僕も利用はしています。


商品というか情報商材も数点購入してますし、アフィリエイトもしています。

サイト作成ツールの「SIRIUS」とテンプレートの「賢威」とかです。

ちなみにアフィリエイトはこの記事を書いている時点では真剣におすすめするための記事を書いてないので利益は0円です。


この記事を書いている時点ではこのブログからの収益すら0円のはずです。

商品としての価値は僕の意見としての保障はできますが、販売者の人の人間性とかまでは保障はしているわけではない点は頭の片隅に入れておいてください。

ただ色々とアフィリエイトを始めたばかりだとツールやノウハウ系教材の購入者側の立場やアフィリエイターの立場として何が正しい情報か真実なのかというのがわからないかと思います。

そのあたりについても分析や解説をしていきたいと思います。

インフォトップ(infotop)の安全性

インフォトップの評判ですが、利用した事のない人は安全性の懸念とか詐欺疑惑とかをもっていると思いますが、これは概ね正しいです。

まず見るからに怪しい情報商材やセールスレターのページって結構ありますよね。

まともな情報商材の割合がどれくらいあるのかってのは誰にもわからないと思います。

ただし本物のノウハウもありますし、僕が実際に購入してしっかりと利用し人におすすめできる物であれば、何かにひっかかって疑問に思うことがあっても、ほぼ全てに答えれて理解できるように説明もできるかと思います。

詐欺なのかどうか

詐欺の定義って1つは刑事告発されて有罪になって詐欺が確定するわけです。

ただし人を騙すだけでも詐欺行為ともいえますし、捕まってないだけの詐欺師も世の中にはたくさんいます。


後は捕まらない悪質な脱法詐欺も多いわけです。

インフォトップでは購入者がこれは詐欺なんじゃないのかと思う人も出てくる情報商材がありえるというのは、ネットの口コミや評判をみたり、情報商材のセールスレターを見ていればわかると思います。

それがインフォトップと情報商材販売者どちらに向かうべき感情というか内容であったりするのか、購入者がクレーマー的に詐欺だと思い込んでしまったのかなどはケースバイケースになるわけです。

ASPとしての価値

情報商材を購入するのにはここがある程度まっとうなASPである事は間違いないです。

とはいえ結構有名そうで顔出し名前出ししてるアフィリエイターの人がインフォトップ(infotop)が厳正な審査基準のあるASPで信頼できるとか言ってますが、ある方向にかたよって汚い事には目をそらす系のいい子ちゃん的な物言いにも見えるわけです。


厳正な審査の内容って・・・。

そもそも表には出てきにくいですが公的な政治家や官僚や公務員、NHKですら組織的な裏金作りで汚職しまくってきたわけじゃないですか・・・。

そもそも論でいくとテレビが偏向報道や虚構を売りにしているように信頼できる事って少ないです。


メディア的に一番わかりやすいのが売国捏造新聞社ですよね。笑。


未だにつぶれずに生き残ってますよね。

それとASPが仮に熱意をもって厳正な審査をしくれていても、脱法詐欺ってすり抜けてくるわけです。

投資やFX系の煽りまくった、どう考えてもおかしい誇大広告の中にどれくらいまともなものがあるんだという話なんですね。

しかも投資の再現性なんて再現性を検証する専門知識とか必要不可欠ですし、実際の再現性とかってお金をかけずに検証なんて、まずできないですからね。

昔は詐欺師は顔出し、名前だしはしない傾向でしたし、行政に届出などもしなかったはずです。

今は詐欺師も脱法詐欺師も顔出し、名前出し、行政に届出して人を騙す悪いことをしまくっている現状があるという理解が必要です。


情報惰弱からは脱却しないといけない世の中です。


ただ、疑心暗鬼になりすぎると本当の本物の情報を見逃してしまう可能性もあって、難しい世の中だと思います。

ASPとしての役割

ASPとしては主に決済の仲介というか、リアルビジネスの物販や流通でいうところの卸問屋とか商社みたいなイメージをもてばいいんじゃないのかなと思います。


物販とは違うジャンルの電子媒体(情報商材)の卸問屋とか商社みたいな・・・。

厳密にはちょっと違うのですが、イメージを掴んでもらうための例えです。

もちろんASPとして審査とかしているんでしょうけど、その精度って購入者にたいしてどのようなレベルで保障されているかってわかりませんからね。

これはクリック広告のグーグルとかであったり、どんなASPにも言えることです。以前にどうしても調べる理由ができてしまい、上場企業系列のa8.netとかってあるジャンルでの評判の悪いサービスが広告として扱っているか調べた事があったのですが、その時は僕が調べた限りではa8.netではその広告は扱われていませんでした。

ただa8.netと提携しているASPには評判的にはヤラセの脱法系列系の詐欺会社だろうという感じの広告が取り扱われているのを見ました。


販売者とASPのモラルの問題、内容的にどこまでが許されるべきなのかというのは判断が難しいです。

物販でいうところの流通の卸問屋や商社が小売業者に卸す前に全ての商品を自分たちで利用してまでチェックして販売しているのかというと、そうでもないわけです。

情報商材という特性上ASPとしての立場や義務もあるわけですが、どこまでしてくれているかというのは見えにくいですし、明らかに誇大広告なセールスレターがすり抜けているのも事実です。

購入者側の問題

よく言われている購入者の自己責任論というのもある意味正しい部分があります。

販売者やASPだけに問題があるわけでなく、アフィリエイターや購入者にも問題はあったりします。

それといろいろと競合するASPや販売者のの悪意ある嘘の口コミとか、販売者の誇大広告、アフィリエイターのヤラセ誘導など、さまざまな要因が絡み合うので本当に何が問題で、何が悪いのか、何を信用したらいいのかってわかりにくいと思います。

リアルな有名企業でいうとサムスンとかって大規模なヤラセでのライバル中傷がバレてましたよね。


元々がそういう体質の人間が集まった企業ですからね。


やっと汚い本性が世間的にも、おおやけになってきたという感じですよね。

という事で自分が楽をして儲けたいとか考えていると、クズのようなゴミムシに騙されて怒り狂う事になるので注意してください。


騙している方は確かに楽して儲けてますよね。。。


騙している方が確実に悪いですが、それに引き寄せられないように注意がいるという事です。

それとまっとうな情報商材にもケチをつける人もいるわけです。これはクレーマー系な購入者が悪い場合と、結局は売り込みたい販売者やアフィリエイターが誇大広告やヤラセ誘導するから問題となるケースなどいくつかパターンがあるわけです。

あの手この手で騙そうとしている人が多い中、最初は誰しもが知識がないのでわからない事もあります。その場合は信頼できる人を見つけて、その人を信頼するしかないのかなと思います。

世の中に詐欺商材があふれている

ちなみにインフォトップ(infotop)から話がそれますが、ヤフオク(ヤフーオークション)でも詐欺的な情報商材があふれかえっていた時期があります。

どうみても詐欺だろうという内容のオンパレードでしたが、一体どれだけの人間が逮捕されたかは疑問です。

昔「情報暴露マン」というサイトでいろいろ中身が公開されていました。

ご存知のようにヤフーは株式を公開した1部上場企業です。

今は情報商材のカテゴリが無くなったのかなと思って探したら、この記事を書いている時点でも詐欺的な出品は多数ありました。


これホント厳しく法律で規制した方がいいですね。


おかしな内容には絶対に手を出さない事です。

インフォトップ(infotop)の評判

インフォトップ(infotop)は利用価値がありますし、ここでしか買えないのかなという情報商材も多いです。

販売者の立場として自分でクレジットカード決済を導入して販売ページを作るよりはインフォトップを利用する方がコストパフォーマンスが高いと考えてここで販売している販売者さんも多いと思います。

ASPとして厳正な審査もしていると明言はされているわけです。

良い評判

僕としては利用する価値はあるし実際に利用しているわけです。

ただ、アフィリエイターの人でどういう意味で使っている言葉なのかわかりませんが、インフォトップが信頼できるとか言っている人はちょっとどうなのかなという話です。

明らかに値段の価値に見合わないであろう情報商材も並べられているわけですし、それが購入しないと検証できないわけで、自己責任論はおおいにあると思いますが、セールスレターをみたら明らかにおかしな内容や誇大広告があるわけです。


煽り(あおり)が入っているものはかなり怪しいです。


モニターの体験談もヤラセの場合と本当に検証して再現性があるから販売しているものとに分かれるわけです。

販売されている全ての情報商材が信頼できる内容とかの意味でインフォトップを信頼できるとか言っている人がもしいれば、嘘つきというか、僕的にはいいように解釈してうまくかわしている信頼できない人間というわけです。

購入者の自己責任というのはもちろんありますが、ASPと購入者を騙そうとしている販売者や誇大広告で売り上げを伸ばそうとする販売者はいるという事です。

悪い評判

明らかに購入者を騙すつもりで販売している販売者の情報商材や、騙すつもりのない情報商材であってもある種の誇大広告にひっかかってしまったりすると、どうしても悪い評判が流れてしまいます。

これは情報商材の販売者に向けられる場合と、インフォトップ(infotop)に向けられる場合があるわけです。

インフォトップ(infotop)は厳正な審査をしていると明言していますので、ある程度そういった悪い評判が流れるのも必然かと思います。


後は情報商材に関してもヤラセ誘導のアフィリエイターもゴミムシがいっぱいいるわけです。汗。


脱法リライトしかしない、専業のアフィカスとかで呼ばれている連中です。

ここも自己責任論とか、ヤフオクと比べてどうなんだというグレーとか脱法とかケースバイケースなんで、僕からはしっかりと知識を身につけてくださいとしか言えなかったりもするわけです。

迷惑メールについて

どうやらインフォトップに登録したり、購入したりするとスパム的な迷惑メールがくるような記事やヤフー知恵袋の相談を見かけました。

購入者とアフィリエイターで状況が違うようです。

それとスパムメールが来るという事自体が嘘な場合もあります。

メールと言うと国会議員を自殺に追い込んだ「偽メール事件」ってありましたよね。

気になる人はとりあえず購入者やアフィリエイターとして登録しても、まずはDMを受け取らないという設定にしておく方がいいかと思います。


ちなみに僕はDMを受け取らないという設定にしてもメールが来たりします。

後は面倒でもインフォトップ専用のG-Mailを2つ用意して、それぞれで登録しておけば何かあっても迷惑メールに困る事もないかと思います。

ちなみに僕もインフォトップの名前がついたスパムメールはきます。

これはインフォトップの名前をスパム業者が名乗ったり差出人を詐称している場合もあるので何ともいえませんが・・・。

アフィリエイターとしての立場

もしアフィリエイターとしてインフォトップ(infotop)を利用する場合は自分が購入して人にすすめても大丈夫な確信がある情報商材のみを紹介する事をおすすめします。


効果のない水素水を煽って販売している企業とかって、詐欺では捕まらないわけですが汚い人間です。


投資系とか悩み系で再現性のない誇大広告の情報商材を紹介するのは、人をおとしめる事になるので知らずに悪質な情報商材を紹介していたとかはしないように気をつけなければいけません。

特に自動更新バナーとかでいろいろとランキング形式で広告の内容が変わる広告とかって、絶対に使わないほうがいいと思います。

人の事は考えないとか、インフォトップが承認しているなら問題ないはずとか思う人はいるかもしれませんが、まっとうにアフィリエイトをやるつもりの人は自分が絶対に大丈夫という確信がない限りはインフォトップの情報商材をアフィリエイトで他人に紹介するというのはやめた方がいいです。

後は詐欺商材撲滅とかで悪質な情報商材を暴露している系のサイトあるじゃないですか、本当の情報も書かれてる事もありますが、悪質な情報商材を否定して、「こちら」をどうぞっていう「こちら」がまた詐欺商材という最悪なサイトもそこそこあります。


多分そういう手法をあくどい人間が考えて広めたんだと思います。

僕も「下克上」が詐欺ですか?詐欺ではありませんとかの、否定から肯定する記事は作ってみようとは思ってますが、信じる目、見極める目みたいなのがないと失敗するわけです。

後は購入したものに対してどう継続して実践していくかというのも重要なんですよね・・・。

長くなったのでこのあたりは別記事にしていきます。

以上がインフォトップに関しての評判などを分析したまとめとなります。

こちらの記事もどうぞ!