よくアフィリエイターの実績であったりコンサル生を募集している人で月商1000万を達成しているというのを売りにしている人がいるかと思います。

このあたりの数値ってうさんくさく思う人もいるかと思いますが、実際はどうなのかというのをいろいろな角度からいろいろなパターンを紹介していきたいと思います。

嘘で騙しているゴミムシは別にしてこの「月商1000万商法」と名付けられた商法は別に悪くもないと思いますし、僕自身も別にいいんじゃないのかなとは考えていました。なので知っていても書くつもりもなかった事です。

ただここにヤラセ誘導やサクラ行為が入ってくるとちょっと違うかなと思うわけです。


実際に目の前で見てしまったわけです。


それとたまたま縁を切ったつもりの人から連絡があってその関連のコミュニティに入ったという話を偶然にも聞いたので記事にしておこうかと思います。

2016年10月の作業報告で吐き気がした無料セミナーの事とそれに関連したコミュニティですね。

アフィリエイト実績の実態

実績の報酬画面の証拠画像とかについて捏造が出来るんですよという事実をお伝えしちゃうと、捏造などはしていない本物の人も存在するので、きちんとした人のブログに疑心暗鬼をもってほしくないのですが、いくつかのパターンがあるという事をお伝えしておきたいと思います。

情報商材系の報酬のみをアピールして実績を掲載している人には本物もいる反面、偽者もいます。

文章を読むとわかりますが、紹介する情報商材のレビューの内容が薄いですし、こいつは偽者だなというのは一定のレベルがあればすぐわかるわけです。


これは僕のように月商1万とか数万のレベルでも見破れます。


でもゴミムシは自分の紹介する情報商材のレビュー内容を本物の人の書いた記事を違法や脱法でリライトしている場合もありますので、この場合は文章では見破りにくいわけです。

(ここも参考にする程度とかだと別にモラルにも反したりするわけでもないので、モラルの境界線とか考え方、捉え方がひとそれぞれ違って難しいところなんですけどね・・・。)

実績の数値は適当な月商の報酬で80万とか100万とか200万とかの数値を書けるわけです。


ちなみにですがこの金額はまっとうにやっている本物の人も実際に稼げる金額です。

なぜわかるのかというと、例えばですが自分の持っているサイトの検索順位、アクセス数と制約率などを月商データとして把握していれば、他の人がどれくらいでどの程度の月商になるのかなどはある程度は推測できますし、本物の人が報酬の実績を公開している場合は自分が一定のレベルまで到達した時にこれは本物のデータだなと感覚でわかるようになるかなと思います。

偽者は実際のASPの報酬画面を証拠として出している場合もありますが画像編集、もしくはサイトをファイル保存した後にhtmlを書き換えて画面をキャプチャしたりもしますので、捏造は可能です。


という事で目を引くために記載された大きな月商というのは捏造でやっているパターンもありえます。

捏造による報酬を提示して、これだけ稼げますといった嘘で情報商材を売ろうとするアフィリエイターや嘘の実績でコンサルタント生を募集しているようなやからもいるわけです。

ちょっとややこしいですが、自分は嘘の実績で集客して信用させ、紹介する情報商材や塾はある程度まともな場合もありますし、嘘の実績で釣った上に紹介する中身の情報商材もゴミな場合もあります。

嘘がある反面、真実であるのならばやはり稼げている人から習うというのはすごく理にかなっていると思います。

ただ、教える人の人間性や教え方、相性や信頼関係なども関係してくるので、稼げている人に教われば確実というわけでもないと思います。

可能性はかなり上がるとは思いますけどね。

月商1000万商法の実態

では本題に入っていきますが、よく月商1000万とかを前面に出している人っているかと思います。

これって嘘なのか本当なのかという部分を解説したいと思います。


実はこれは本当なんですね。


捏造している人もいるかもしれませんが、月商1000万を前面に出していて実際に言っている事も本当そうな場合は実際に月商1000万は達成しているわけです。

これはどういったカラクリになっているかというと、まずは情報商材などをマジメに努力して実践したり、本物系の人にコンサルを依頼するなりして月商100万を達成します。


これは一定センスと努力の量をこなせば、うまくいけば1年や2年でも可能な実績です。


ジャンルは情報商材アフィリエイトでも物販アフィリエイトでもクリック広告アフィリエイトでも実現できます。そして本当に実績があるわけですからコンサル生を募集して人に教えて稼ぐ事をしだす人が出てくるわけです。

別に問題ないと思いますし、この方法自体は僕も知っていました。

募集するときにコンサル料を30万くらいに設定して少し大きめな宣伝をして募集し34人をコンサル生として迎えるわけです。

もちろん稼げるようになるノウハウやコンテンツは用意して、なおかつコンサルがスタートしたら実際に教えていくわけです。

コンサル生がどのレベルまで到達できるかは募集した側と応募した側の関係とコンテンツの内容と努力次第ですが募集した側には月商1000万という実績が残ります。


半年の期間で募集する場合は年に2回の募集もできるわけです。


もちろん月商100万をしっかり達成する事とコンサル生を募集する際には大物系のバックアップがあって実現できる事です。

そして月商1000万を1度達成したら今後はこの看板をしょって何でもこなしていくというわけなんですね。


実際は1回きりの月商であっても実績の看板は出来上がるというわけです。

別にこの方法自体にはそこまで悪質な嘘というのが無いように思えたので、コンサル生を募集する際のコンテンツの内容が薄かったり、いいかげんな教え方が仮にあったとしても嘘や捏造がなければある程度はありかなと思っていたわけです。

ヤラセ誘導とサクラの実態

別に何も問題ないと思っていた月商1000万商法に疑問がでたのがサクラの存在です。

おそらくサクラをしている彼らに対して問いただしてもそんな事してないとすっとぼけるか、法にもふれないしマクドナルドだって「サクラバーガー」でフルキャスト使ってサクラを雇っていたじゃないかと言うかと思います。


モラル寄りの問題ではあると思います。


ヤラセ誘導で悪質ポイントサイトを紹介したり、消費者金融系のキャッシングをすすめたりしてる吐き気のするゴミムシ専業や、脱法リライトで人のコンテンツをばれないようにコピーしている脱法リライターよりはましなのかもしれません。

ちなみにこの1000万商法でのサクラとはどういったものだったのかを説明します。

無料セミナーで内容もしっかりしたノウハウを説明して来場者を安心させます。そして成功するにはどうすべきかなどのディスカッションを来場者にうながすわけです。

この来場者同士でのディスカッション(ワーク)は後から別のものを売り込むためのバックエンド商材の成約率を上げるために使われたりしますし、セミナーを聞いているだけなく自分も考えて一部を体験する事によってセミナーの内容をしっかりと覚えるという受講者のためにおこなわれてりもするのでいろいろとパターンがあります。

この時はノウハウをしっかりと見につけるには稼いでる人に直接習うのが一番早いという風にしむけたいようでした。


これは事実がそうなので答えを知っている僕自身がそういった話をワーク内でしたわけです。


するとその後に急に不意打ちで今からコンサル募集をしますみたいな宣伝が入りだしたわけです。

ま~当時はこれに吐き気がしたのですが、不意討ちとはいえ無料のセミナーにバックエンド商品の宣伝があってもおかしくはないわけです。

ちなみに不意討ちはなくて、事前にバックエンドの宣伝があるという説明がありつつの無料セミナーもありますし、何かの情報商材を購入した特典として完全に参加費は無料でセミナーを開催してくれたりする場合もあります。

その後に何があって何を見たのかというと、コンサル募集は今この場でしか申し込めないと言い出したわけです。

明らかに来場者に考える隙を与えずにその場で決済させようとする手法なわけです。僕自身が信頼していたセミナーでセミナーの内容も信頼できますし、ほぼ確実にコンサルで用意されているコンテンツも確実なものであることは理解できたのですが、何か卑怯であくどい感じを受けたわけです。

だまし討ちをしてその場でっていう売り方は僕が20歳にもならない若造の頃に街を歩いているとキャッチに引っかかって70万くらいの絵画を売りつけようとされた方法にそっくりなわけです。


ちなみに絵画は買ってません。汗。


キャッチはかなりしつこい売込みでひどいものでした。

無料のセミナーで何があったかというと、今までもなかり信頼していた系列だったので多少は顔見知りもいたわけなんですね。

その中にそのセミナー系列の結構な値段のコミュニティに参加している人間が参加者の座席に座っていたわけです。


そして不意打ちの決済が始まりだすとなぜか席を立って申し込みにいったわけです。

あれ?あの人って同系列の高額なコミュニティ入ってたようなと思って、後で聞いてみたわけです。あれ?何で決済なんてしにいってたんですか?コンサルなんて受けるんですか?みたいな事を聞いたら人差し指をくちびるにあてて「しぃー」というしぐさをしたわけです。

この時は何かおかしいなと感じたんですが、コイツは実は過去に名刺をもらっていたので、このゴミムシがサクラであったと確実に判明したわけです。

ちなみにこのゴミムシは悪質ポイントサイトを紹介していたのも実は知っていたのであまり関わりたくなかったのですが、懇親会で悪意のオーラを出すわけにもいかず、今どれくらい報酬達成したんですか?と聞いたところ、ずっと僕には話さなかったです。

後から違う人には話していたようで又聞きですが知ることにはなりました。

このゴミムシはその後も別のところで顔出しで登場しだしたので、この周りの関係者ってゴミムシの集まりなのかな~と思うようになったわけです。


元工場系の作業員です的な・・・。

ノウハウ自体も本物ですし、いい人や親切な人もいるんですが・・・ヤラセ誘導のサクラってね・・・。

という事でサクラ誘導を取り入れて実現している月商1000万コンサルタントが誕生したわけですね。

サクラに加担した元工場系の作業員は専業でやっているわけですが、一生かかわりたくないゴミムシだったわけです。

この元工場系の作業員はゲームもやってないのに自分がゲームやってるような記事を書いて、子供を騙している悪質ポイントサイトへ誘導するLPを作るゴミムシ系脱法リライターである事がわかっています。汗。


人それぞれ何を思うかは違うと思いますが、僕は吐き気がしたわけです。

同系列のウェブセミナーでもサクラ疑惑がチャットで出てた事があって、当時は別にサクラとも思わなかったし、そんなしょうもない誘導はしないと思っていたのですが、リアルセミナーで直接吐き気をする体験をするとウェブセミナーでの募集すらもしょうもないヤラセ誘導してたのかもしれないなと思うわけです。

このサクラの誘導の件と月商1000万商法については別に書くつもりはなかったのですが、作業報告をこのブログで書く事になった経緯と関係する顔見知りの人が該当するコミュニティに入ったという話をたまたま直接聞いて、このサクラネタを雑談したので書く事にしました。

コンサルもコミュニティ自体もコンテンツは本物だと思いますので、詐欺でもないし、値段の価値も十分あるでしょうから被害者がでるわけではないのですが、なんだかなという感じです。

自分は卑怯な事をして売り上げの最大化みたいなことは絶対にするつもりはないなと改めて心に刻んだ出来事でした。

月商1000万の実績を出す方法

ちょっとどうなんだろうというコンサルティングでの月商1000万商法ですが、サクラなど使わずに実施されている人もいると思いますので、そこのところは自分自身で見極めてください。

サクラ云々でなくて、そもそも何の実績もない詐欺師のような人間がコンサルしている可能性もありえるわけで、そこのところも注意がいるわけです。

もしかするとネットビジネスの初心者系の人にとっては、人間不信になるような記事を書いてしまったので、ちょっと話題を変えて別な方法やノウハウでとてつもない額の1000万以上を稼いでいる人達のお話というかノウハウもあるという事を紹介しておこうかと思います。


2016年にそこそこのお高い金額での塾が募集されていたのですが、元は4980円という教材だったみたいです。


教材販売者の方は2013年に初めてアフィリエイトを始めて初月に1000万以上稼いだという衝撃のノウハウの内容です。

正直これだけ聞いたら嘘臭いですが、塾の内容は本物っぽかったですし、既に月商100万以上を軽く超えているスーパーアフィリエイターも塾に参加していたようなので完全に本物のノウハウと塾のようでした。

本質は別のところにありますが、簡単にネタ的な説明をするとフェイスブック広告を使ってLPの一歩手前のページを作ってそこに誘導するというのがベースとなっていたノウハウです。

僕の2013年当時の知識はPPC広告も飽和でしょみたいな感じの無知な状態の時に、誰も効果の出ない(出せない)フェイスブック広告に効果のでるLPの一歩手前のページを作ってそこにアクセスを集めてまっとうに利益ベースで月商1000万以上を稼ぐ人もいたって本当にすごいなと思いました。

この手法って有名なんで多くの人は教材名を知っているのだと思いますが、ほんとうにいろいろなやり方ってあるし、自分の知らない所ではいろいろな事が起こっているんだなと認識させられた事があったわけです。


この教材を販売して塾も募集された方はビジネスの本質を理解されている方でした。

見た目はヤンキー系で、若い頃の行動も見た目どおりっぽい事をしてたとはご自身で語られていましたが・・・。

この4980円のノウハウを購入して法人組織でやっている人は月商1億を達成した人もいたそうです。

1億の実績は利益ベースか売り上げなのかは確認取れてません。

この補足的な僕の知っている話を書いたのは月商で1000万稼いでいますという実績を出している人もいろいろいるわけで、自分がもし関わる際にはしっかりと見極める目をもたないといけないという事と、全員が怪しいわけでもないんだという事を理解してもらいたかったので書きました。


僕が欲しい仲間、やりたい事はヤラセ誘導やサクラ行為をしない人間で実現したいと思っているわけです。


一部上場企業だってやってるじゃないかというような、つまらない事を言う人とは一緒にやりたくないわけです。

こういう人間は何かの拍子に汚い人間にコロっと変わると思いますし、人を平気で裏切るでしょうしお金での繋がりしかない人間だと思います。

過去にヤラセ誘導やサクラをしていても今から信念を持って変われる人ならぜひ一緒に仲間としてやりたいです。


お金は必要だし重要だけど、それが全てではないと考えれる人とかですね。


サクラ誘導している元工場系の作業員のゴミムシは必要ないですし、関わりたくもないわけです。

仲間集めに関してはまずは何をどのようにやりたいかというビジョンを僕が提示する必要があるので、もうしばらくは募集できるような段階にはならないかもしれませんけどね。

こちらの記事もどうぞ!