なぜかおっぱいネタでとてもたくさんのネタというか頭の中で考えて、思っていた事が1つに繋がりかけたので整理して記事にしたいなと思います。

元々はおっぱいとグーグル(Google)やアドセンスについて調べて起きてしまった事件です。


これも散漫力のなせる業(わざ)です。


忘れないうちに書かずにはいられなかったわけです・・・。汗。

ワードプレスの無料テーマを配布されている寝ログのわいひらさんという方はブログ上で存じていたのですが、とあるきっかけで再び自分がおっぱいにて再度わいひらさんにたどり着いたという事件を通してまとめていきたいと思います。

おっぱい星人の宿命

すでに自分のプロフィールにておっぱい星人をカミングアウトしているわけですが、ちょっと正確に言うと「だった」というのが正しくなりつつあるのかもしれません。


興味的なモチベーションが減りつつあるというか・・・。


今後は研究や芸術や分析方面で名乗った方が誤解を招かないかなとも考えるわけです。

嘘っぽくなってしまう事を出来る限り、というより完全に排除した記事を書くつもりの信念を持っているのと、読んでくれた人の捉え方によって勘違いも極力生みたくないわけです。

例えばですが雑談をして、あれ?おっぱい星人じゃないじゃん的な印象をもたれるとツライなと・・・。


イエス・キリストは聖人であり、僕は星人なわけです。


このネタは既にもう別の記事で入れていますので2番煎じというか・・・別ブログでもまた使うかもしれませんけどね。汗。

そういえばちょと別の記事かブログで書こうと思いますがイエス・キリストって僕の解釈からの結論からいうと覚醒者だったんですよね・・・。

これもこのブログか別の構築したい理論分析サイトで書くつもりです。

グーグルとの関係性

そもそもなぜおっぱいを調べていたのかというと、グーグルとアドセンスとかが関係します。とあるゲームの記事を書こうとした際に「鍾乳洞」という単語が出てきたわけです。


いわゆる「乳」です。


記事を書いていたゲーム自体はおっぱいなんて全く関係ないんジャンルの人気ゲームなのですが、ちょっとだけ設定名として「ぷにぷに」とか周辺語句というかおっぱいに関連する単語が使われていて、明らかにおっぱいを意識して命名しているなと思ったわけです。

という事で、このゲームのこの部分の名称ってまさにおっぱいを意識してますよね。みたいな一言を入れようとしたわけです。


そこで頭をよぎったのが、これってグーグル的に大丈夫なの?


変にアドセンス規約などでペナルティ喰らうときついなと考えたわけです。

アボセンスや記事の順位低下の両面リスクがあるわけです。

そこでググって調べているとたどり着いた記事があって、検証結果まで掲載いただいていて、コメントなどから一応は「おっぱい」は大丈夫そうな雰囲気はありました。


ただ、自分のゲーム記事は念のため大事をとってパイオツにしとこうかなと思います。


てかしょうもないネタ的なコメント挟むのやめたらそれですむ話なんですけどね。

そこはおっぱい星人の誇りと信念をもってネタコメントだけは入れるんだと・・・。

という事でたどり着いた記事のブログ主が寝ログのわいひらさんのブログだったわけです。かなり後から気付いたんですけどね。

寝ログとわいひらさん

おっぱい星人がおっぱいによって寝ログのわいひらさんに辿りついたわけですが、実は以前から存じているブログ主の方であったのと、僕自分の無知によってとんでもない固定観念を持っていたという懺悔を含めてワードプレス関係で思っていた事などを一気にまとめて書きたいと思います。

無料テーマ

実は寝ログのブログ運営者のわいひらさんはワードプレスの無料テーマを配布されています。

このブログは結構な値段がする「賢威」のテーマを使ってますが、実は無料のワードプレステーマも素晴らしいものが存在します。

僕はアフィリエイトの特典で自分の経験や知識をまとめてPDFか特別ページを作ろうかと思っていたのですが、こんな素晴らしいワードプレスの無料テーマがありますよというのも、特典としての情報の1つに入れる予定くらい素晴らしいテーマだったんです。


記事はそれほど入れてないのですが、僕も別のゲーム系ブログで使わせてもらっている無料テーマの1つがわいひらさんのテーマだったんです。

少し話が変わりますが、実は「賢威」って規約でアダルト系のジャンルでの使用は禁止されているんですよね。HP作成ソフトのシリウスはオーケーなんですけどね。

グーグルもアダルトには厳しいわけで、ある意味そういう制限もいいかなと思うのですが、別の見方をすると職業差別じゃないの?みたいに思えるところもあるわけで・・・。

ケースバイケースであったり考え方や捉え方によって変わる内容なのでここでは深くは書きませんが・・・。

という事で寝ログのわいひらさんは以前から存じ上げていたわけです。

固定観念の恐ろしさ

今回たまたまグーグルというかアドセンスとおっぱいの関係を調べるにあたって寝ログのわいひらさんのブログにたどり着いたわけです。

おっぱいの情報をゲットして、その後にそのブログが寝ログだということに偶然にも気付いたのです。

もしかすると普段のように情報だけ調べてそのまま気付かずに通り過ぎたかもしれません。

でも何となくあれ?見かけたアイコンがあるなと思ってよくよく見てみると、ワードプレスで素晴らしいテンプレートを使わせてもらっているわいひらさんのブログだったのです。


ちょろちょろっとブログ内を回遊させてもらっていると、どうもベッドで生活されているみたいなのです。


ここで自分の情けない固定観念を懺悔するならば、超素晴らしいワードプレスの無料テーマを使わせてもらった時に、寝ログというブログタイトルとブログの記事の素晴らしさを見て、スーパーアフィリエイターが寝ならが書いているブログなのかなという、とんでもない勘違いをこの記事を書くまではしていたのです。

偏見や固定観念の心の鎖をかなり断ち切って覚醒できたと思っていたのですが、段階的にはまだまだ1歩踏み出せているのかどうかくらいの未熟者だなという事が理解できたのです。


まだまだ自分は何もわかってない事が多すぎるなと・・・。


全てを理解するのは無理でも、その届かないかもしれない何かに向かう努力は決してやめてはいけないなと・・・。その全てを解き明かす理論とサイトが理論ブログS(記事:独)ですが、今はまだドメイン取得しただけです。

人の運命とは

運命について書くとあまりにも長くなるし、まだ自分自身で答えの出てない部分もあるので少しはしょって書くのでわかりにくくなるかもしれません。

この記事を書きながら「理想の現実を手に入れる方法」という記事で少しだけ書いた脳梗塞についての事を思い出しました。

書籍自体は読んでないのですが、その時たどり着いた本のタイトルが「人は何によって輝くのか」というものでした。


それと僕が最優先にして叶える夢とも関係しています。


僕は人に起きる事象には何か意味があると感じています。

  • 神の与えた試練
  • 因果応報
  • 引き寄せの法則

僕は無神論者ですが、神の存在は世界3大心理学者のカール・グスタフ・ユングと似たような見解を持っていて保留している状態です。

何も因果がないのに起きる不幸にもとれる事象には、神や運命が与えた試練なのではないのかなという考えです。乗り越えれる可能性のある人に対して課題を与えるのではないのかといった法則があるのではないだろうかという事です。

因果応報は鏡の法則みたいな感じで、働いた悪事が自分に降りかかるという事ですよね。

引き寄せの法則はいろいろと解釈があって、でもその事象を引き寄せてしまうという今はまだ言葉でうまく説明できない概念があります。

これらはいくつかの別の言葉でも置き換えれます。

  • 等価交換
  • 万有引力
  • 波動共鳴
  • 質量保存の法則
  • エネルギー保存の法則

このあたりをまとめ上げて理論サイトを作る予定だったわけです。エイブラハム・ヒックス、アルフレッド・アドラー、ナポレン・ヒルは共通する事を言っているのですが、真理のいくつかを理解しつつも他の真理との繋ぎあわせが出来てなかったんじゃないのかなと・・・。


あっ何か話がずれまくって深くなりすぎましたね。


ちょっと理由があって僕が最優先に叶えたい夢というのが、不条理な因果応報なのかもしれないという事なんですよね。腐りきった政治家や官僚や詐欺師や脱法犯罪者が自身では償えない償う気もない悪事と、僕を含めた周りの人々の無関心という態度が誰かに何かを引き受けさせたんじゃないのかなという事例。

でも人に選択の自由があるように、僕はおそらくだけど人々の想いの力を行動に移せば運命は変えれんじゃないのかなと思っているわけです。

逆に自分の信念や運命と違う行動を取っているとそれを修正するために運命が何か全く関係ないことでメッセージ含んで事象を起こすのではないのかという事です。それは言葉ではない事なので、例え考えて気付こうとしても本当に気付けない事なのでしょう・・・。

人は選択の自由によって運命からは逃げ続ける事もできるのであれば、逆につらい逆境の運命も変えれるのではないのかというのが今の僕がたどり着いた結論です。

まとめ

という事で、「おっぱい」にてなぜか寝ログのわいひらさんにたどり着いたという記事です。

「おぱ~い星人」とかにしとく方がグーグル対策にはなるかもしれませんね。笑。

懺悔などもしつつ、今まで思っていたけど書いてなかった事をちょうどまとめて整理するきっかけとなったのでまとめてみました。


人における人間性とは心や信念によって作られると再認識しました。


わかってたつもりでも、わかってなかったか理解不足なところがさらに強く理解できました。

人にとっておそらく年齢や職業や学歴や性別なども含めて本当に関係のない事なんだと思います。

もちろん組織内であったり経験などで年齢や役職が重要になる事も存在します。

元工場系の作業員ですとかいって、アフィリエイト専業で飯を喰っていても・・・コンサル申し込みのサクラ誘導をしてたり、自分はプレイしてないゲームの記事を脱法リライトと外注で日本語ドメインなどを使ってブログを作って2chまとめ風記事で悪質ポイントサイトへ子供を含めて誘導しているゴミムシのクズにはならないという誓いを再認識させてくれたのが・・・。


「おっぱいです!」


この記事・・・少しユーモアを入れてみたのですが少しは面白いですかね。笑。

偉大なる覚醒者の一人であり僕が尊敬しているマハトマ・ガンジーの名言からです。

「もし私にユーモアがなければ、これほど長く苦しい戦いには耐えられなかったでしょう。」

こちらの記事もどうぞ!