ここではこのブログの運営者であるアフィキングの夢について公開と宣言をしておこうかなと思います。

このページを書くにあたって少し思っているのは、プロフィールの名前はハンドルネームだけではなく別に本名とかも公開してもいいかなとは思うわけです。

一つためらう理由があるとすれば、結構いろいろな事に対する批判系の本音の分析記事も入れるつもりで、何かしらの覚悟を持って記事を書いていこうというのと、いろいろと詐欺などにもあって疑心暗鬼な部分も残っているからです。


虚構やヤラセ誘導をしてる脱法系のゴミムシ専業や脱法リライターとは戦う気持ちもあります。

2chに見られる匿名ゆえのの本音(真実)と虚構(嘘)のせめぎあいみたいな感じですかね。

あまりアフィリエイトっぽくない夢も記載していますが、アフィリエイターとしての本質の力やその先の力が必要であったりします。

叶える夢の履歴

初版:2017/01/02
修正:2017/04/12 IプランとIプロジェクトを記載

最優先の夢

時間的な制約が強いので最優先にする夢は冨樫義博先生が「ハンターハンター」の蟻編にて描いている想いを現実世界にて実現する。

これは「ハンターハンター」を、ある事実を知っている覚醒者が同じ想いをもって何十回と読めばわかる事ですが、いろいろな事に気づけば蟻編だけでなくマンガを描き始める構想段階から想い描いている事だったんだなという事がわかります。


これは僕自身も何度か気づき直した事が多いです。


蟻編で描かれている想い、そして「緋の眼」のアナグラムを理解できる人は仲間として協力して欲しい。

信念に基づく仲間がいれば僕は「やる」「やれる」「実現する」「できる」人です。


このページを書く事によって行動を開始しています。


冨樫義博先生にはお会いした事はないですが・・・この想いと願いが伝わり届くのを祈り・・・。

運命の導きのままに・・・。

⇒ IプランとIプロジェクト

最大の夢

尾田栄一郎先生が描く「ワンピース」の最終話で描かれる事をこの現実世界にて実現する。

これはあまりにも大きな夢であり課題でもあります。

この夢が先にかなうならば、必ず叶えたい最優先の夢も叶うのですが、時間的制約によってそれは難しいのです。

僕はある考え方や捉え方をすると夢は「必ず」叶うという考え方をしていますが、最優先の夢にはどうしても時間的制約があるのです。

チームの夢

この夢を書くにあたっては今はまだ存在しないチームですが、1人ではできない事がたくさんあります。

「ゴミムシ殲滅計画」みたいな計画を立案し、チームや組織を作っていき、いろいろとやっていきたい事は多いです。

嘘や虚構のヤラセ誘導をしている専業のゴミムシや脱法系リライターの殲滅作戦みたない感じです。

これには理念や信念をつなげて共有するサイトの構築が必要です。

個人の夢

最優先の夢を叶えた後はAVにでも出演してみたい。

いわゆる今までの自分の感覚的には絶対に無理とかいう感じの事をしてみたいという事です。

細かいのも含めるといろいろとあります。

夢を叶えるのに必要な事

今はお金が欲しいとはあまり思わないわけで、必要ではあるのですが・・・。

生きるために必要なお金

アフィリエイトで安定して月15万稼ぐというのが絶対的に必要になってきます。

アフィリエイトの本質の力はいろいろな所で役に立つ事が可能です。

なので最優先の夢よりこちらの月に15万を安定して稼ぐ事にリソースを振り向けています。

ただ、生きるのに必要な15万という事であれば、これは簡単にできるわけではないですが、ジゴロでも居候(いそろう)でもかまわないなと思います。

ちょっと頭のネジの外れた慈善家とか、酔狂な偽善者が援助してくれるならそれに乗っかるのもありですが、信念とのバランスであったり最優先にすべき事に必要な選択や決断で迷ったり悩んだりしそうですね。

構想しているサイトを立ち上げる

2つのサイトを立ち上げる必要があります。

後はやりたくはないですがユーチューブとかでユーチューバーをする必要があります。

これは別に僕以外の適任者がいるならば、その人がすればいいのかもしれません。

夢を実現するには億単位の人の想いや願いを行動に移す「何か(ナニカ)」が必要です。

「答え」と「イメージ」はできつつあります。

仲間集め

どうアプローチするのがいいのかや、どうやって集めればいいのかを考えています。

やはり信念が同じでないといけないのと、どう集めるのかが課題です。

声を掛けたら信念に反する人間性であったり「ゴミムシ殲滅計画」の対象のような人である場合もあるわけでして・・・。


人は変われないし、変われるので過去は関係ないのですが・・・。

ただ何も行動しないで集まるわけでもないので、失敗を恐れずに何かを選択していく必要があるわけです。

一応は募集して待つという選択肢を入れるためにブログやサイトでの募集は始めようかと考えています。