インターネットがあたり前の時代になり、ホームページを運営している個人が広告を配信できるアフィリエイトが生まれ、アフィリエイトはどんどん発展してきました。

僕なりの解釈で補足するとホームページは(ウェブサイトとブログ)2種類に分けることも可能です。ブログとはウェブ上のログ(記録)ということで日記っぽい事を実現するシステムのようなイメージです。

 

そしてブログって企業がURL(ドメイン)もついて無料で用意してくれるブログと、URL(ドメイン)を自分で用意するブログに分かれます。このブログは自分で用意し無料で使えるワードプレスといったシステムを使っています。ほんのちょっと昔は有料と無料の選択ができるムーバルタイプと無料のワードプレスだったんですけど、今はほぼワードプレス1択ですかね。

 

時代の加速化が進む現代社会のスピードはとてつもなくめまぐるしい進化を遂げます。

 

ワードプレスは自分で準備できる無料のブログって感じでイメージしてもらってもいいですが、ワードプレスは進化しつづけており、既にブログだけじゃなく、ウェブサイトのような見せ方での構築も可能です。

 

このホームページもワードプレスを使っています。トップページを見てもらえると、ブログっぽい感じがすると思いますが、デザインの設定を変えると完全にウェブサイトっぽくもする事が可能です。ワードプレスが無料ブログというイメージはちょっと語弊が出だしてきており、ブログも可能でウェブサイトも作れるといった感じですかね。

 

何だか長くなりそうなので、このあたりで。笑。

 

話を戻すとアフィリエイトは自分が運営しているホームページに広告を掲載し、その掲載された広告のクリックや広告バナーからの商品購入やサービス入会などの対価として報酬を得るという仕組みの事です。

ホームページをブログで公開することが出来るようになり、ホームページの運営は非常に敷居が低くなりました。昔は個人が作るサイトとプロのデザイナーが作成するサイトでは明らかな違いがありましたが。ブログの浸透や今ではHP作成ソフトやツールの進化によって誰でも簡単にホームページが運営できるようになっています。


もし1日にユニークアクセスが1000を超えるような人気サイトを運営しているなら、アフィリエイトをはじめるのにはとても有利なアドバンテージを持っているといえます。

注)これ・・・4年前のど素人の僕の情報ですけど、今は1個人が1日100000アクセスとか実現してます。1日ですよ。(※2016/06/26現在)

時代の加速する流れはハンパないです。この注記を入れてなかったら、この記事は意味のない完全なるゴミ記事ですよね。汗。

 

ホームページ作成側の爆発的な人口増加によって興味を引かないサイトは全く見られもしない状況が現在の状況です(※2012/07/24現在)。


アフィリエイトは誰でも簡単にはじめれます。

副業としてアフィリエイトに取り組む事もできます。ただしアフィリエイトを本業にしている人や企業がアフィリエイトに取り組んでいる現在では、個人がアフィリエイトを始めて例え1000円でも収入を得るのは難しい状況となりました。

僕は2012/07/24当時、上記のような事を発言しているわけです。1000円稼ぐのが難しいと・・・。2016/06/26現在はある一定期間、真剣に正しく努力すれば月に1000円は簡単に稼げるとは言えます。

過去の僕は何もわかっていなかったんですね。まだブルーオーシャンが残りまくっていた時代、その後に生まれた新たなブルーオーシャンもあったのに、稼ぎ方を知らなかったわけです。笑。


この毎月1000円稼ぐのも基本スキルの量と質と継続が必要で、メジャーな手法はトレンドアフィリエイト(ブログ形式)でのクリック広告かクッキー踏んでもらう系ですかね。

本当に1からだと毎月確実に継続的に1000円を稼ぐという壁もつまづくかもしれません。ここの壁を越えて5000円~10000円まで到達できれば、基礎の基礎は身についている可能性が高いです。後は報酬を増やすためのいろいろなパターンを試行錯誤していく感じですかね。


PDCAを回すという事です。


これも意味というか本質をしっかりと理解して、ある程度正しいやり方というのも知ってないとうまくいかないです。

広告について

アフィリエイトは広告ビジネスモデルの1つです。テレビ、ラジオ、雑誌、インターネットなどのメディアは全て広告にて成り立っています。

その中でアフィリエイトと関連するインターネットメディアには、グーグルなどの検索エンジン、フェイスブックやmixiなどのSNS等は全て広告収入をベースとして運営されています。

なんといいますか・・・・・。雑誌とかはお金を払って購入しますが、広告ビジネスモデルの多くはユーザーやお客さんが無料で利用できるサービスで提供されることが多いです。

アフィリエイトの特徴

  1. 誰でも気軽に簡単にはじめることができる。
  2. パソコンがあれば登録も広告掲載も完全無料でできる。
  3. お小遣い稼ぎ、副業、独立のチャンスがある。
  4. 定期的に収入をえるには長時間のアフィリエイトの勉強と試行錯誤が必要。
  5. 1からはじめる場合、はじめての収入を得るまでに数ヶ月必要とする。

 

ここで上げたのは本当にたくさんある特徴のいくつかの例です。中身になってしまうと無茶苦茶奥が深いですし、ジャンルや手法もたくさんあります。はじめての収入のところは3ヶ月がんばって100円の人もいるし、3ヶ月必死でやっても0円の人もいるし、3ヶ月で数万円くらいいく人もいると思います。

アフィリエイトにチャレンジする

  • サイト運営は楽しいしアフィリエイトもはじめてみたい。
  • 一度アフィリエイトに挫折したけど、もう一度アフィリエイトをやってみよう。
  • 仕事の他にアフィリエイトで収入を得たい。
  • アフィリエイトで独立したい。ウェブの技術やサイト運営の知識を増やしたい。


そういった方に本サイトが役に立てれば幸いです。

みたいな事を昔に書いているんですが、お金を稼ぎたいと思っているのにも関わらず気軽な気持ちではじめると、おそらくですが多くの人が挫折すると思います。成功と言えるレベルまで到達するには膨大な時間も使うでしょうし、努力が必要となり、競争が発生するので挫折も味わう人も多いと思います。



挫折を乗り越えるから成功が待っています。


軽い気持ちで始めると挫折すら味あわずに投げ出すかもしれません。でも人にとって絶対に重要で必要な事の1つにチャレンジする、行動するといった事があるわけです。

自分自身が何をしたいのか、何をなせるのかを考えてみてみるのもいいですし、時間が余っているから気軽にやってみてよう、始めてみようとかでもいいかなと思います。ここってやっぱり人それぞれなんですね。

 

もう少しだけ挫折について補足すると、挫折は早めに味わって乗り越えるのがいいと思います。本質を理解せずたまたまや、偶然で成功してもそれが続く可能性は低いわけですし、運で掴んだ成功の後で挫折すると、這い上がる気力もなく、そもそもスキルがないので次の偶然や運って限りなく可能性がないですよね。

でも偉人は「どん底こそ楽しめ」みたいな事をいってたりしますけどね。それは既に経験してどん底からの這い上がり方を知っているからなんでしょうね。必要な考え方や捉え方であるのは同意し共感します。


~2016/11/17追記~
「どん底こそ楽しめ」というのはジェームス・スキナーが似たような事を言っていました。ジェームスには師匠(スティーヴン・R・コヴィー博士)がいますし、たくさんの成功者からいろいろな事を学び、体験し偉人達が語る言葉に通じているわけです。ジェームス・スキナー(元々同じ考えの人やジェームス・スキナーに影響を与えた人達)の教えはかなり世の中に広まり浸透しだしています。

「挫折を乗り越えるから成功が待っています。」これは僕が自分でこのブログで書こうと思って覚醒者の視点を含めて書きました。そして世界3大心理学者のアドラーも似たような事をいっている事にこの追記を書いた時点で気付いたのです。劣等感と優越感についての考え方で、劣等感の克服についてです。


アドラーは幼い頃に「くる病」と「声帯のけいれん」に苦しんでいて肉体的な劣等感(ハンディキャップや個性)を持っていましたが、自ら克服しています。その後、医者になった時に多くのサーカスの芸人の治療をしている時に気付いたらしいです。サーカスの芸人の多くは幼少期に肉体的な劣等感(ハンディキャップや個性)を持っていたと。その劣等感(ハンディキャップや個性)の克服が今の自分やサーカスの芸人を形作っていると。

そして肉体的な劣等感は精神的な劣等感にも置き変えれます。この事はアドラーの考えに基づく書籍「幸せになる勇気」「嫌われる勇気」などでも語られています。僕は一切読んでないですが、概念的な事はある程度理解しています。


そして僕に関しては深い絶望の中で生き方や信念「魂」の劣等感(固定観念)を克服し、覚醒したのです。


だから覚醒者(まだまだ未熟者ですが。笑。)なのです。覚醒者にはいくつかの共通点やパターンが存在します。

これらの先にある真理についての詳しい内容は今はまだ説明する時間がないですが、僕が叶えたい夢(願いや想い)を達成するために、命を懸けるつもりで作るウェブサイトにて詳しく伝えていく予定です。マンガ家の冨樫 義博先生は命を懸けようとしたんだと僕は考えています。