アフィリエイターにとってレンタルサーバー選びというのは悩ましい選択と決断が必要になったりする時もあるわけですが、KDDIという大手企業がCPIというレンタルサーバー事業をしているのを知っている人はいますでしょうか?


この共用サーバーが危険でヤバイなと思った記事です。


ちょいちょい釣り的なタイトルを付けてますが、実際にあった実話をベースにKDDIのCPIサーバーがヤバイなと思った内容を前提の知識や体験を元にまとめていきたいと思います。

意見は変わるかもしれませんが、正直いって僕はまず絶対に使いません。

広告も見かけますし評判や評価はいいものもあったりするんですけどね。汗。

KDDIという会社は危険なのか?

KDDI系列のレンタルサーバーが危険でヤバイ的なネタで記事を書くのですが、こき下ろすためのステマとかではないという意味を込めて僕の考え方とかその他いろいろな事情とかも書いておこうかと思います。

KDDI系列のサービスは結構使ってます。


それにそこそこいい会社だとも思っています。

それと思い出があるのですが、はるかかなたといえる昔に仕事でKDDI系列のでかいプロジェクトに参加した事があって、全く別のメーカーの立場でしたが超ヤバイプロジェクトを救ってあげたこともあります。

KDDIの人間は恩義など感じてないと思いますが、もうどうにもならないというプロジェクトを救ったのは手遅れ状態から信念や責任感でがんばった人達のおかげなわけです。


出来上がったその後も悲惨なプロジェクトでしたけどね。笑。


記憶が薄れるくらい昔の事ですが、何とかしようとする人達にとっては300時間前後の労働が何ヶ月というか1年以上続くような過酷なプロジェクトでした。

ちなみにきちんとお金はもらっていたので、恩きせがましくいうのもちょっと筋違いですし、自分の責任感で自ら行動したわけなので事実中心に軽くコメントしたという感じです。

ただ最初からプロジェクトに参加していて人間は無責任に放り投げたり、逃げたり・・・。マジメな人ほどウツになってリタイアしたりしていくひどい悲惨な状況でした。

CPIサーバーが腐敗しているのか?

今回のレンタルサーバーネタは普通に自分が思ったことをそのまま書いているだけなんですが、これがNTT系列とかの会社だったら別に記事にもしなかったと思うんですよね。

NTT系列はある意味では元公務員系組織じゃないですか。


公務員組織って昔から裏金作りやカラ出張をして組織的犯罪を常習的に行ってましたよね。


今も腐敗した体質は変わってないと思いますが、売国捏造新聞やNHKみたいなのと同じ匂いがするわけです。

でもKDDIってそこそこ新しい会社のような気がするんですよね。CPIサーバーの成り立ちとかをもっと調べてから記事にすべきなのかもしれませんが、ちょっと時間がないので自分が知っている知識とあった事実のみでまとめていきたいと思います。

なぜKDDI系列のCPIサーバーがこんな腐敗ともとれるレンタルサーバーのサービスをしているのかというところです。


もしかしたら大企業にありがちな悪い体質がそのまま出たのかもしれません。


実際のところは納得できるような理由であったり、この今のあり方は仕方の無い事だといったような事情はあるかもしれませんが、ある程度外から見た実際にあった事実を元に吟味していきます。

無知での否定はアウンサンスーチーみたいに恥ずかしい人間を演じかねないので無駄にリスクもあるわけですがあえて挑戦してみます。

この有名な人もよくできるいい人であり、いいリーダーであるとは思っています。

間違わない完璧な人間はいませんので・・・。

レンタルサーバー事情

レンタルサーバー比較とかっていろいろとアフィリエイターの人を含めてされていると思いますが、技術の革新は本当に早くて正直いって1年前の記事って全く意味をなしていないこともたまにあります。

僕の実感した例でいくとワードプレスを使ってブログを書こうとして、最初はロリポップでやろうとして激重くて使い物にならなかったので、結果的には失敗ともいえるコアサーバーにドメインを引っ越して、早くなったと思っていたのですが、結局は最終的にすごく重くなってしまったりもしました。


おそらく引越しの時に選択すべきだったのはバリューサーバーでした。


とはいえ今はロリポップもコアサーバーもワードプレスを使っていますが、試行錯誤の経験からある程度はまともに動くレベルまでもってこれました。

今のその経験はアフィリエイトの特典にまでできる内容ですが、昔によく参考にさせてもらっていた、このサイト凄いクオリティでワードプレスのアドバイスをしてくれているなと感じた有名なサイトの情報も今では少し古いというか、ちょっと足りないなと思うような事もあるわけです。

僕以上のすごい専門家が書いてくれている素晴らしいコンテンツなんですけどね。


僕は使わずになんとかブログ運用できてますが、Xサーバーとか多くの人がすすめてますよね。


確かに今の僕の知識からしてもサーバーのハード的なスペックや機能などからしていいレンタルサーバーなんだろうなというのはわかります。

運営から早期に月間100万PVを達成する意気込みなら最初から使うべきサーバーだと思います。

僕は実際には使ってないのでガチではおすすめできませんけどね。笑。

問題のCPIサーバーについて

今回ターゲットになったCPIサーバーというKDDI系列のレンタルサーバーですが、メルマガでおすすめされていた事が記憶にあって、保障はされてないけど使うとIP分散されるみたいな事もあって、それ以外にも普通に使っていておすすめですとかいう案内を見かけたのです。



そうなのかもしれませんが、今回はちょっと微妙な部分もあるというお話です。

このCPIサーバーというレンタルサーバー会社が腐敗して終わっている危険な怠慢ともいえる企業と思わざるをえなかった実話の経緯を整理していこうかと思います。

偶然たまたま以前仕事をしていた組織のHPがワードプレスで運用していたらしくて、軽く相談を受けたわけです。

実際のところ、私(僕)は今もその組織に会費的なものを払っているわけなのである意味でCPIサーバーの顧客であるともいえます。

どういった相談を受けたかというとプライバシーマーク関係の規約などでワードプレスはセキュリティの関係上、最新バージョンを使ってくださいみたいな項目があったようです。

実際に最新バージョンにしようとしたところ、HPを作った業者とCPIサーバーの担当者の両方にそれは無理だと言われたそうです。


「は?」


と思って、そんなことないだろうと詳しく話を聞くハメになったのが今回のいきさつです。

CPIが提供する共用サーバーのシェアードプランには「ACE01_2015」と「2007 G10~G50 Plus」というのがあって、相談をうけた組織は「2007 G10~G50 Plus」のプランを使っているようでした。

そもそもほとんどアクセスなどないHPなのに無駄に高いレンタルサーバー使っているなと思ったわけなんですが、ワードプレスを最新にできない理由は衝撃的でした。

「2007 G10~G50 Plus」に対応するPHPのバージョンが5.2.4までしかサポートしてないというものだったのです。

実際に「5.0.4 / 4.4.1 / 4.3.11 / 4.4.2 / 4.4.7 / 5.2.4」という記述がスペック表に書いていました。

この記事を書いているのは2017年03月23日です。PHPのバージョンは7.0や7.1があたりまえになりつつあります。

そんな中で・・・5.2.4・・・。

このせいでワードプレス4.6.xのバージョンを4.7.3に上げれないというお話だったわけです。


終わってますよね。このCPIサーバーというレンタルサーバー・・・。


もちろん「ACE01_2015」というプランに変更すれば、問題は解決するのですが、「2007 G10~G50 Plus」のプランでしていた設定で引き継げなくなるものがあるようでした。

CPIサーバー側にも何か事情があるのかもしれないのですが、PHPのバージョンを5.2.4のまま顧客に強要させているその姿勢というか・・・企業体質というか・・・。

「ACE01_2015」プランを使えばもちろん問題は解決しますし、新しくレンタルサーバーを借りる場合は「ACE01_2015」を使えばいいのでしょうが、「ACE01_2015」も数年経てば顧客の事を考えないいいかげんなサービスしか提供しないという同じ問題を起こすかもしれません。

とりあえずここはないなと思ったわけです。

私(僕)が相談を受けた組織はHPでワードプレスを使うのをやめるか、「ACE01_2015」プランに変更するか、この際レンタルサーバーを変えるか、別ドメインを取ってメールとHPを別ドメインにしてサイトのみを移転させるかなどを検討するようでした。

まとめ

一度使い始めたらなかなか変えるのが面倒なのがレンタルサーバーなわけです。

いろいろな知識や自分の経験や事情がわかってくると見えてくるものがあります。

僕がおすすめするとすると、1度も使った事のないバリューサーバーかXサーバーあたりになりますね。

バリューサーバーは私(僕)が使っているコアサーバーと同系列で値段があまり変わらずにハードウェアのスペックが断然高いというのが理由と、Xサーバーは今の私が選ぶなら何を基準にするかなどの知識もついてきたのでおすすめはできます。


後は自分自身が実際にワードプレス運用をしているロリポップも色々な理由はあるのですが、使い方によってはおすすめはできます。


ただロリポップはいろいろとディスられている事も多くて、その通りの事もあったりします。

僕もロリポップはプラン変更後にワードプレス運用の2度目の挑戦をしようとした時にやっぱりこのレンタルサーバーダメだと思って諦めかけた事もあり、正解を見つけるのやアドバイスするのは難しいなとは感じています。

こちらの記事もどうぞ!