この記事を書く前日にジェームス・スキナーのビジネス成功哲学とか自己啓発系に関係するセミナーというか講演があったのですが、そこに偶然にも参加させてもらう機会があったので、その事について記憶から忘れ去られる前にいくつか思ったことや書きとどめておきたい事を書いていこうかと思います。

結構な有名人らしいのですが、そもそもジェームス・スキナーって誰なの?と知らない人もいるかと思います。彼は19歳の時にアメリカから日本の伊丹空港に降り立っています。

1964年6月23日、アメリカ合衆国で次男として生まれ、幼少の時に父親が経営していた会社が倒産したため一家で夜逃げした事もあります。アメリカの外交官、企業家、経営コンサルタントなどの経歴を持ち、書籍なども出されているすごい人です。

 

そもそも僕自身がこの記事を書く数日前まではジェームス・スキナーってどんな人かを知りませんでした。セミナーの案内があったときに自分で調べてみたのですが、何度かテレビにも出演したことがあって、大ベストセラーの書籍も何冊か出しておられるという事を知った程度でした・・・。

 

このブログの記事のカテゴリーをどうしようかなと・・・。今は「コラム」にいれていますが、「イベントや公演」「有名人」みたいなのを作った方がいいのかな・・・。ちなみに有名人は直接お会いしたことがないと現実味にかけるわけですが今回は直接お会いしたので色々と感想などを書いていこうかと思います。

 

ある機会をいただいての招待での参加だったのですが、申し込みにかなりの個人情報を書かないといけなくて、色々な詐欺にあったことのある僕としてはこういうのって、これほんまに参加できるの?とか後で変な勧誘とかないの?とかでいつもよく躊躇します。

 

相当にマイナス思考ともとれるマインドブロックがあるんですね。

 

ま~日本で詐欺師とか脱法犯罪しているヤツラって無茶苦茶多いわけで・・・。怪しい内容は警戒も必要な世の中なわけです。

 

そもそもジェームス・スキナーを知らない所からの話なんです。この招待の案内をいただいた人の事をネットで調べたりして、申し込みをすべきかどうかを悩みました。

 

やっぱり止めておこうかなと思ったりもしましたが、僕がこのブログで自分のプロフィールで少し取り上げているように、アフィリエイターの中にも覚醒していると思う人はいると思っています。

「覚醒」って何?と思う人も多いと思いますが、きっかけに始まり、気付きの連続から起こるパラダイムシフトの先にある「人に起きる状態」と僕は勝手に捉えています。実際に僕が感じるこの人は覚醒しているだろうと思える人を何人か例として上げています。

⇒ アフィキングのプロフィール

 

 

ご招待をくれた人は基本的に名前もそれほど覚えていないかたでした。ただ、僕が名前を知っている有名なアフィリエイター(マーケッター)と共同の会社を運営する経営者の人であるのと、その有名なアフィリエイター(マーケッター)の方は僕が勝手に「覚醒者」と思っている人でしたし、その方のブログにジェームス・スキナーとの2ショット写真が掲載されていたので、多分大丈夫だろうと少し悩んだ末に申し込んでみました。

 

結果としては会場も存在し、参加もする事ができました。

 

ありがたい話です。実際に参加してみたのですが、ご招待いただいた方に直接お会いする事もなかったのですが、ひとまずこの場でお礼を述べさせて頂きます。


ありがとうございます。


いつか・・・

僕は怖かったけど、自分の直感を信じて申し込み、飛び込んでみました・・・。これは少しジェームスが講演でいろいろな内容について発言していたこととも関わってきます。

講演の感想とジェームス・スキナーの考察や分析

実際にセミナー(講演)会場に着くと無茶苦茶たくさんのスタッフの人達が案内やアンケート、パンフレット、書籍の配布なんかをしてくれていました。

会場は何百人かの人が集まっており、体育館みたいな公演施設での開演でした。

僕はジェームス・スキナーついてはほとんど何も知らないので、ジェームスの話す事を僕が素直に受け入れれるかどうかはわからない状態でのスタートなわけです。

最初は普通に聞いていました。当然ですがジェームス・スキナーは成功者で結構すごい人であろう事は事前にはわかっているわけです。ここからは少し僕にしかわかりにくい内容になりますが、その人がどこまですごい人なのか、その人は覚醒者なのかどうかはその人の「発言」「作品」「行動」などの何かがないと判断はできないわけです。

セミナーの中身についてですが、仮にどれだけ素晴らしい感動する内容であっても、1言1句記憶に残す事は難しいです。人は忘れるものだとジェームスも言ってました。人間の脳の忘却のシステムってどういった原理なんだろって思えたりもします。(汗)

 

セミナーは3部構成でしたが、それぞれの細かい内容については忘れてしまいました。

 

いよいよ第1部が始まりドキドキしつつも後列の真ん中くらいで、斜に構えた感じで、(この表現、かなり尊敬する一回りも年下のある人が使っていて記憶に残っていて好きなんですよね)ジェームスの言葉を聴いていました。

ジェームスの生い立ちからをスライドショーで説明いただき、この人はどの時点で何のきっかけで気付き、そこからパラダイムシフトが起き、変化が始まっただという事もわかり、(パラダイムシフトと覚醒は僕は一応この記事を書いている段階では区別している)フンフンフンフンと耳を傾けて聞き入っていました。

 

第1章の始めの方のお話はどちらかというと、確かにそうだなみたいな納得いくお話ばかりでした。ただし、それはそうだとは思うけど、こういう場合は?みたいな僕が既に構築している理論を頭の中で議論させるみたいな状態が続いていました。

僕が作成中の理論の一部を少しだけ具体的にお伝えすると、正解への道は複数あり、方法ですら複数あるみたいな感じの理論が1つ例としてあります。これは別のサイトで総合的に体系立てて作りたい内容なんで、片鱗だけで説明不足ですので意味がわからないと思いますが、すいません。

僕自身は自分の持論(理論)と戦わせている時点で、まさに斜に構えた感じですね。笑。

 

でも途中からですが、やっぱり偉大な成功者だけあって話のリアル感や説明のうまさもあり、音楽での雰囲気作りとかも練られているためグイグイと引き込まれていきました。それと思ったのですが壇上でセミナーをしている人ってやっぱり会場の反応が欲しいんでしょうね。これは歌手のライブでも同じだと思います。

何部のどのタイミングかとか既に忘れてますが、ジェームス・スキナーの問いかけにみんながしっかりと反応するようになっていき、徐々に会場の一体感も出来上がりつつありました。

 

この記事を書きながら、いろいろと思い出しましたが第3章まであるうちの第1章が終わる頃には感動と感謝の気持ちでいっぱいでした。確か第1部の後にアンケートを出したのですが、ジェームス・スキナーという人物の覚醒のレベルや次元が違うとか、参加する機会をくだささった人に感謝いたしますみたいな事を書いていました。

人の可能性やチャレンジの話

さて、みなさんは

 

「夢は実現する」

「思考は実現する」

「自分の夢を100書き出しましょう」

 

みたいな事を自己啓発セミナーやアフィリエイトのセミナー、もしくは何かの書籍やメディアで聞いた事あるかと思います。これらの事は何一つわかっていない微妙な感じの人が言ってたり、真実を語れる本物の人が言っていたりするわけです。

これらの言葉の中で

 

「自分の夢を100書き出しましょう」

 

について僕の昔話と知りえた内容をお伝えしたいと思います。

 

僕は20年以上前の20歳前後くらいに(かなり誤差あると思います)、同じ事を聞いた記憶があります。

 

そして夢をノートに書く人とそうでない人でそれを実現できるかどうかの可能性がすごく変わるみたいな事を聞き、そして研究もされていて10年や20年後の追跡調査で実証もされている事を知っていました。

 

僕は当時、嘘くさいと思いましたし、「はぁ~?」みたいな感じでしたね。

 

でもその話を聞いた20年後くらいに人生自体の挫折を味わい、そこからやっと何かの変化や気付きを得始めた頃に「思考は実現する」みたいな事を脳科学的に説明されて、その発展として「夢は実現する」に繋がる事を理屈にて理解しました。

その事をアフィリエイトのセミナーで聞いた時も同じように「自分の夢を100書き出しましょう」みたいな事を言っていました。当時、僕はアフィリエイトで生活したいので金額的な目標とかはあったのですが、特にノートに書くまでの行為はしていませんでした。

でもパソコンのメモ帳とか自分のサイトとかにいくつかの具体的な目標じゃないですけど「想い」みたいなのは書き出したりはしはじめてました。でも「ノートに書く」という行為はしてませんでした。

 

・・・でジェームス・スキナーの公演を聴きながら第2部だったと思いますが、人の可能性やチャレンジの大切さを聞き終えた後に、また今までと同じ事を言われたわけです。「自分の夢を100書き出しましょう」と・・・。僕は必死に書いていました。10個くらいしか書けなかったですが、涙が出ていました。

 

この夢をノートに書き出す行為は自己啓発では鉄板的な作業なんですかね。確か何かのインタビューか記事でGMOの社長も同じ事をしていたと発言していた記憶があります。僕はこの人はちょっとどうかなとは思っていますけど・・・。この人も既に僕が知っていたころと変わっているかもしれませんね。



人は変われるし変われないのです。

 

このノートに夢を書くという行為ですが、ジェームス・スキナーがすご過ぎたから僕が自分の夢をノートに書いたのか、僕が覚醒していた状態でジェームス・スキナーに会ったから書いたかはわかりません。でもどちらにせよそれだけ人に影響を与える偉大な人なんだという事を知りました。

 

ちなみに2部のどこかで会場を突き落とす感じの怖い感じの雰囲気がありました。この会場で受けたセミナーとは別にバックエンドの泊り込みありの「成功の9ステップセミナー」に受け入れれる人がどんな人かの話の時です。

ノートに書いた夢を100%叶えれるとして、この会場の扉を開けた後に幾多の困難が待ち構えているけど夢が保障されたときにそれを乗り切る覚悟や決意があるなら立ち上がるかどうかという話です。

 

僕は迷わず立ち上がりました・・・。

 

ま~前の方に座っている人達はやっぱり立ち上がる割合が多かったですが、後ろの方の人はかなり割合が落ちるのですね。その後にちょっとショック療法的な感じの話がありました。

ちなみに僕はお金がないので「成功の9ステップセミナー」は行かないですけど、もしお金ができた時には既にこのセミナーは存在しないかもしれないですよね。これはスタッフの人も言ってました。ちなみにジェームス・スキナーは150歳までは生きる予定をしているみたいでした。その150歳まで生きる話については、根拠もあり現実味のあるすごい事を言っていました・・・。

 

その後ですが、何か2部が終わった後に席を立って帰る人がポツポツいましたね。何かを売りつけられるとでも思ったのか、用事があって時間がなかったのか・・・。別にその後にも何も売り込みはなかったです。僕は「成功の9ステップセミナー」は興味だけしかなかったです。でもパンフレットを見て特典音声とかが欲しいとは思いましたし、人脈作りに行ってみたい気はしました。

 

とりあえずこの記事を書いている時点では「成功の9ステップセミナー」に参加予定はないです。

 

公演はどんどんと進み、いよいよ3部も終わろうとするセミナーの最後の方で、クライマックスの状況でジェームス・スキナーが会場に下りてきてハイタッチしていくんですね・・・。ま~簡単にいったら単なるオヤジです・・・。既に僕自身が中年となっています。僕は1回り彼より年下のオヤジであるわけですが、誰が喜んでハイタッチなんかするんだ・・・。

いや喜んでハイタッチしてましたね(笑)

 

完璧にファンとなり尊敬する人物になっていたわけです。

セミナーの終わりに書店では最近は売り切れている事もあるという本を販売もしていました。僕は買いたかったけどお金もないので買いませんでした。読む時間も・・・あるようで無いような。アマゾンのリンクを紹介したいところですが、ま~まだ読んでないのでやめておきます。

 

ただ読んでも無い書籍だけど、わかります。おすすめできます。

 

読んでないので、どういった人向けによりよいとかは伝えれないですけどね。笑。

もっと掘り下げたセミナーの考察や分析はこちらから

⇒ ジェームス・スキナーのセミナーの感想や分析

こちらの記事もどうぞ!