アフィリエイト教材

教材名申し込み

PPC大全

提供:岡本 大輔
企業:-

今のPPCアフィリエイトで稼ぐための柔軟な戦術と安定性についての教材です。PPCアフィリエイトはライバルが増えているため、実践には広告費と試行錯誤が必要となります。広告費の予算が十分あり、本格的にPPCアフィリエイトを実践したい場合にノウハウをある程度つけるための時間短縮をしたい場合にはおすすめです。


ノウハウが公開される理由

まずノウハウがなぜ公開されるか疑問に思う人も多いかと思います。公開する側の人に何のメリットがあるのかと。アフィリエイトで成功した人がアフィリエイトスクールやセミナーを開設したりしているのはライバルを増やす事につながるので明らかに自身のアフィリエイトで稼げる額や期間を減らしているとしか思えません。

簡単に毎月100万円稼げるなどのキャッチフレーズは99%ではなく100%購入した後に後悔する詐欺的な商材ですが、ノウハウ系の教材は値段相応の価値があり、合理的な理由もあって公開されているものがあるのです。
(きちんとした教材も売るために教材にしているので、ある程度の強調したキャッチフレーズは当然あります)

サイト運営の時間的限界

ある程度成功した場合のノウハウを持っていて、その成功方法を使って複数のサイト運営をしても1人で作業する時間的限界が発生します。1人で作業してもこれ以上は月単位の成果が増えない場合、ノウハウも教材として販売してしまえばそれがプラスアルファの収入になったり、そちらの方がメインの収入になる可能性もありえます。

公開してもそれほどデメリットにならない内容

例えば自身の仕事や趣味で得た詳しい知識をベースに作ったサイトにで成功を収めたノウハウがあったとします。そのノウハウがSEOやサイト構成の部分についてのものであれば、自分の仕事や趣味の部分がないと真似されることは確率として低く、自身のアフィリエイト収入を減らすことにはならないと判断し、ノウハウの教材を売る事で大幅な収入アップになるなども考えられます。

情報の有効期間

情報は旬な期間があるため、古くなると意味をなさないこともありえます。せっかく有効なノウハウをもって成功した場合、それが有効なうちに教材として販売してしまいたいという考え方もあります。また、教材提供側の人は自身のアフィリエイトより教材提供側をメインにしていくといったケースもあります。
(有効な教材提供をするほどの情報と成功報酬があれば、周囲の人間関係や環境が大きく変わってくるからです)

教材の値段

ノウハウ自体はpdfファイルなどのテキストにて数十ページ~百数十ページなどの量で1万~2万前後なので書籍と比べると高価です。妥当かどうかは人それぞれですが、アフィリエイトが成功につながる可能性を高めてくれるわけですので内容を知っている人と知らない人では明らかに差が出るはずです。

教材の成果

教材を購入して実践した上での効果ですが、これは人それぞれになってしまいます。実践にかけた時間や元々もっている知識や経験、どういったジャンルでサイトを構成したかによって教材は1つでも実践方法は100人いれば100人それぞれだからです。本当にまれな事ですが、逆に教材を購入した人は教材を提供した人より最終的に成功する可能性もあるわけです。もちろんそれには膨大な努力やかける時間、時には運や人間関係なども要因となります。