アフィリエイトに関するビジネスパートナーや仲間を募集するにあったって、いくつかの報酬面や契約内容などでパターンなども出てきそうなのと、ビジネスパートナーがライター、ブロガー、アフィリエイターなどによって形態も違ってくるので、報酬面や契約内容の条件面や考え方などを記事形式で明記しておきたいと思います。

基本的には自分がアフィリエイトで1人で迷走して試行錯誤していた時に欲しいと思ったサービスというか契約内容を基準にしていろいろ考えました。

それと契約後もいろいろ規約を試行錯誤しながら変更する予定でもあります。

ある程度は柔軟に対応してくれて理解もしてくれる人と一緒に仕事がやれると助かります。

僕は部屋の片付けとか苦手なタイプで結構いい加減な部分もあったりします。時期に左右されますが、IT技術者の時は命を削って仕事をしていたんで、いい加減な要素はなかったですけどね。

成果報酬の分配や契約内容

ビジネスパートナーはライター、ブロガー、アフィリエイターの立場で募集しますが、成果が出ない限り報酬は0の契約となります。

理由はいくつかありますが、僕に支払うお金がないからです。

とりあえず最初は僕が募集しているブログ(サイト)のライターか、自分(ビジネスパートナー)が作った全く成果の出なかったサイトやブログのドメインとデザインやレイアウトを変更してのリライト、もしくは自分が今からやりたいジャンルのブログやサイトの1サイトの記事入れをほとんど全ておまかせする感じで、報酬が5千円以上か1万円以上発生すれば半分以上の報酬をお支払いするという形です。

サイトやブログはワードプレスかシリウスで作ります(作ってもらいます)。

ドメインやテンプレート、レンタルサーバーは僕が用意したものを使ってもらう形になります。htmlでのサイトアフィリを取り組みたい人は自分でシリウスを持ってないと作業ができません。

ワードプレスのインストールや運営者情報ページの作成、プラグインとかの設定は基本は僕がします。

既に成果の出ている人が一緒にビジネスパートナーに取り組んでくれる場合と、月に5千円や1万円に届かない初心者の人のビジネスパートナーの人とで最初の対応も変わりますが、記事の書き方とかは簡易マニュアルを作って最初に簡単に説明させてもらいます。

契約内容

最初は記事を書いてもらって一定の報酬が発生するまで無償の作業になるので、全くアフィリエイトをした事のない初心者の人はかなり苦痛かと思います。

ここの部分は契約的にいうと著作権を放棄というか納品する無償のボランティア作業になります。

なので1人でひたすらがんばって経験したけど自分1人では無理だったという人がその苦痛には耐えれるので望ましいです。

1人でやるのは絶対に無理とわかったけど、アフィリエイトを諦めれないという人か、そうでなくても同じ考え方ができる人という事です。

作ったサイトの報酬があらかじめ決めておいた額に達すれば支払いを開始するので、メンテナンス的な形で契約する(業務委託契約)のビジネスパートナーになるといった形になります。

記事を入れていってもらったサイトやブログの報酬が5千円や1万円くらいに到達した後から成果報酬として50%以上を払っていく形になります。

実際に自分のサイトのデータや他のサイトの傾向を見ながら何度も記事は追加修正する必要があります。

ちなみに僕は今は他のサイトはほぼ全く見てないです。それゆえ脱法リライトされているのとか気付きにくいですけどね。

記事を入れてもらうサイトやブログの報酬が5万や10万を超えたあたりで、成果報酬に対する支払額は60%から最大で80%あたりまでアップします。

メンテや記事の追記などを放棄してビジネスパートナーの関係を解消しないかぎりメンテナンスや運営補助の契約として継続する成果報酬という事です。

メリット

僕自身は外注化予算を組めないですし、ライター募集のサービスを利用して信用できない人に記事を書いてもらうリスクは取りたくもないので、お金をかけずに手を広げれるというメリットがあります。

それと身に付けた一定のSEOの知識やデザイン、レイアントなどを活用する場が増やせるのと、データ取りやノウハウの蓄積もできるわけです。

ビジネスパートナーの人にとってのメリットですが、例えばライターの人であれば自分の書いた記事がどういった報酬を生むのかというのを全て知る事ができます。

見たいデータや知りたい事は全て公開します。

データが取れだすのにもある程度時間が必要なので、少なくとも何ヶ月か一緒に仕事をした後になります。

ブロガーやアフィリエイターの人はレンタルサーバー代を節約できますし、レンタルサーバーに関する重要なスキルやノウハウ、知識を勉強する手間が省けますし、僕と共同で運営するサイト以外で自分で運営されているメディアに関して僕から何らかのアドバイスなども時間があって機会があれば、可能だと思います。

ちなみに既に現役のスーパーアフィリエイターの方が1サイト僕と一緒に新たに挑戦したいという申し出とかがあれば即Win-Winの関係を作っていける可能性もあると思います。ちなみに別に僕だけがWinでもありがたいですし、そうなれば僕がIプランやJプランに時間を取れるので世の中や世界に対しての還元やよい循環も可能になります。

組織化した専業アフィリエイターの例

自分1人で月に100万以上稼げるようになると法人化したり、外注化や従業員を雇っての組織化などもアフィリエイト業界ではおこなわれているわけです。

組織化に関する自分の経験や状況を記載してくれている人もいて、考え方の参考になった例をみて、僕の提案している条件などとも比較してもらいたいと思います。

法人化や組織化の記事を書いておられる人はたくさんおられるのですが、ここでは「アフィリエイトROCK」というブログを書かれている半兵衛さんという方の例を挙げてみたいと思います。

偶然にも業界で有名なパシさんのツイートから辿り着きました。

半兵衛さんはどうも関西方面の方のようなのですが、もしその通りだとすると近所ですね。

半兵衛さんの組織化の例

偶然にも業界で有名なパシさんのツイートから辿り着いた、半兵衛さんのビジネスパートナーの報酬形態が記載されている記事が下記です。

記事:成果報酬制度の最大のデメリットとその改善策【社員の定着率を上げる方法】
http://afi-vison.com/%E6%88%90%E6%9E%9C%E5%A0%B1%E9%85%AC%E5%88%B6%E5%BA%A6%E3%81%AE%E6%9C%80%E5%A4%A7%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%81%9D%E3%81%AE%E6%94%B9%E5%96%84%E7%AD%96%E3%80%90-5172.html

記事:2018年4月アフィリエイト収入報告 組織化大苦戦中・・・!
http://afi-vison.com/2018%E5%B9%B4%EF%BC%94%E6%9C%88%E3%82%A2%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%82%A4%E3%83%88%E5%8F%8E%E5%85%A5%E5%A0%B1%E5%91%8A%E3%80%80%E7%B5%84%E7%B9%94%E5%8C%96%E5%A4%A7%E8%8B%A6%E6%88%A6-5137.html

URLに日本語入れる手法を使われてますね。汗。

とりあえずこの記事を書いた時点で、半兵衛さんの記事にあったビジネスパートナーと結んでいるという条件をそのまま転載すると下記です。

固定報酬:月5万円
成果報酬:
15万円まで×30%
15万~50万円×40%
50万円~100万円×50%
100万円~ ×30% 随時固定報酬もアップさせていく

成果が0でも月に初期の教育費というか作業費用として5万円ももらえる(半兵衛さんの立場的には投資)というのが大きいのだとは思います。お互い最初に決めたのでしょうけど、僕からするとありえないというか僕なら絶対に両方の立場でやらないですね。汗。

100万稼いで30万(実際は35万+アップ分)しかもらえないって無理です。

一般の企業(例えば個人の売り上げと報酬の形態がわかりやすいのがマッサージ屋さんとか)でも50%くらいあると思うのですけどね。アフィリエイトは成果がでれば利益率が抜群に高いですからね。

例えばテレビ業界とか巨大化した組織の分業化された企業だと1人あたりの稼ぎなんてまったくわからないわけですけどね。

ブログを拝見した感じではそりゃ愚痴も出ると思うのですけど、愚痴がおかしいという感覚の人がかなりいるようです。

業界の業態にかなり依存はするとは思います。

昔の一般企業では3年勤めてやっと新人1人の教育費がペイできるという話がありました。採用や教育にかける時間とリスクを費用として雇用主は払ってくれているわけです。

でもなんというか、イメージとしては東電の原発作業員が4次受けや5次受けで中抜きされまくって悲惨な状況を1次受けでのビジネスパートナーのはずなのに割合的に分配がきつい感じがします。

これは僕が派遣でのIT技術者やフリーランスで仕事をしていたから強く思うことなのかもしれません。

ちなみにグーグルアドセンスでもクリック報酬の広告費の内68%をコンテンツに払ってくれてます。

固定給はかなり扱いが難しいですね。

成果を出せる人とがんばっても成果を出せない人もいますから、固定給に助けられる人もいるのは間違いないですからね。

この例でいくと僕の場合はお金を稼ぐのが主眼じゃないので、僕のビジネスパートナーの契約条件は一定の成果が出ない限り固定費も成果報酬も両方0のままですが、100万稼げるようになれば70%から80%はお支払いします。

仮にそんな優秀な人が2人でも育って僕と一緒にビジネスをしてくれれば僕は生活できるわけです。

そうなれば僕はIプランやJプランに多くの時間を割いていく事ができるというわけです。

ライターの人はブロガーやアフィリエイターに転向しないと僕とは付き合っていく必要がありますが、ブロガーやアフィリエイターの人は僕とビジネスパートナーを結んだ1サイト以外は自分で独立してサイトを作っていくのも可能ですので、2サイト目以降は自分の好きなようにやっていけるというメリットもあるわけです。

まとめ

アフィリエイトに関して僕的にビジネスパートナーを募集する理由はいくつかあります。

一つは自分が欲しかったサービスであるという事で、非常に柔軟性を兼ね備えているというものです。

それとノウハウの蓄積は1人でやっているとやはり厳しいというのと、自分が持っている知識を役立ててwin-winの関係が作れればという理想論も持っています。

それと自分が楽して儲けるつもりは決してないわけですが、変な人、駄目な人、関わりたくない人とは間違っても一緒に仕事をしたいとも思っていません。

本来は失敗も成功の元になるんですが、今の僕はあまりにも無駄な失敗をする時間は惜しいわけです。

おそらく条件面とか契約面は試行錯誤と調整が必要になってくる内容だと思いますので、後付けでいくら変更されようが揉めない人と一緒にやりたいです。

ビジネスパートナーですので希望や意見を元に調整するのはもちろんオーケーというか本音を言ってくれる人は大歓迎です。

最初の理念や信念の不変の決め事以外は最終的に誰かの判断になるので、その判断と決定権は僕に預けてくれる人が望ましいと思っています。

僕は今は元IT技術者のフリーランスの延長で個人事業主としてアフィリエイトに取り組んでいますが、もし組織化した後に法人にしたりすると法人税や消費税(外税と内税)の関係で実際に利益が出てくると必ず金額面での調整が入ると思います。

理由があれば途中で別の道を行くのもまったく問題ないですが、途中で中途半端に投げ出されるとお互いの不利益になるので、事前に聞きたい事があれば明確に答えれるようにしますのでどうしても確認しておきたい事は何でも事前に問い合わせてください。

ワードプレスでブログを作るなら

ワードプレスでブログを作ってアフィリエイトするときの鉄板レンタルサーバーといえばエックスサーバーです。


⇒ おすすめのレンタルサーバー比較

優秀な無料テンプレートや人気のある有料テンプレートを選ぶならこちらの記事をチェックしてみてください。

⇒ おすすめのテンプレート比較