アフィリエイトに関してライターやブロガーやアフィリエイターの人とビジネスパートナーを組んで道を切り開くための募集から応募後の作業までの流れを記事にしています。

ビジネスパートナーを募集する理念というかきっかけはお互いにお金をかけずにウィンウィンの関係を築けるサービスを作ってみたいという考えがベースにあります。

自分が1人で試行錯誤している時に欲しいと思ったサービスや協力者です。

僕が塾や教材を直接販売できるような環境にあって、それを仕事にしたいと思えば取り組みますが、環境もないですし、やりたいという気持ちもないので方向性を少し変えて実現可能で自分にも今必要なビジネスパートナーの募集をしています。

応募条件

アフィリエイトのビジネスパートナー募集に関して応募条件に性別や職業や学歴などは基本関係ないですが、必須の条件や推奨される考え方などを記載していきます。

必須条件

年齢は成人している方という事で20才以上で募集します。

仕事をするにあたって著作権侵害や他人の記事を違法コピーや脱法リライトする事が絶対にない人。

記事に自分が思ってもいない嘘をつらつらと絶対に書かない人。

それと記事以外にリアルでの隠し事が多くて嘘をよくつく人も無理なのでご遠慮ください。

推奨条件

試行錯誤が必要な時や疑問に対する回答などでの意見交換は非常にいいのですが、ライター希望の方やアフィリエイターの方で月に5000円あたりを稼げてない状況の人が仮に記事の書き方などで指摘や駄目出しされた時に妙に素直に受け取らずにいいわけばかりするような感じの人はお互いのためにならないと思います。

後、全部自力でやりたい人は僕とは協業せずに自力でやられたらいいかと思います。僕は疑問には答えますし意見交換もしますので素直に対応できる方が望ましいです。

あからさまに駄目な人って自覚がないので怖いのですが、お互いのためにご遠慮願います。

既にコンサル業や協業を経験されている方がたくさんの駄目な人のパターンについて、いろいろな人がまとめているのでお互いのトラブルや無駄な時間を減らすために文章化していきたいと思います。

まっとうに努力してがんばっている人であれば、基本はお互いにとってプラスになると思います。

希望する人

タラレバを言い出したらキリがないですが、望ましいのは自分の仕事や作業のポイントとなる部分をしっかりと把握し、少し説明すれば後は放置プレイでもすごく伸びていくような人が理想です。

例えばあるジャンルに関してすごいライターとしての知識と技術は既に持っているけど、ワードプレスやSEOがさっぱりわからない人とかで、自分の書く記事の価値が本来どれくらいの成果を出すのかと試してみたい人とかはビジネスパートナーとしてベストマッチすると思います。

これは理想論です。とりあえずがんばりますという人で本当にがんばれる人であれば応募条件と推奨条件を満たしていれば問題ありません。

後は専業の人や副業でのスーパーアフィリエイターの方で既に仕組み化できていて次のステップや新しい事もしたいという考えでIプランやJプランを手伝ってもいいよとか、手伝わせてくださいといった有志の方もおられるなら大変助かります。

問い合わせ

最初に自分がどういった状況にいてどういった形でのビジネスパートナーで協業したいのかをメールで問い合わせてください。

もしくはそれ以前に興味はあるけど疑問にある事をクリアしたい場合もメールで問い合わせてください。

メールフォームは準備中ですが、もう少しかかりそうです。

返信がないという事はなくしたいですが、メールが届いてない場合もあるので返信がない場合はこちらの記事にコメントしてください。

⇒ お問い合わせ

作業開始までの流れ

事前のお問い合わせにて疑問を解消した後の作業開始までのフローになります。

どのように進めるか調整し、ビジネスパートナーとして作業開始が確定した後の話です。

最終学歴以降の職務経歴書のファイルもしくはメールにテキストと身元確認用に運転免許証の写真のをファイル添付をしてもらいます。

職務経歴書は簡易でかまいません。僕自身のサンプルは作ります。

アフィリエイターの方で既に法人の社長とかであれば身元はしっかりしていると思いますので会社プロフィールとかで代用可能です。

ポイントはいい加減な気持ちでなんとなくやろうという感じの人はお互いにとってトータルでマイナスにしかならないのでご遠慮願いたいと思います。

それといつビジネスパートナーを辞めるのも作業量も全て自由ですが、できれば一定の成果が出るまでは一緒に協業できる方が望ましいです。

やりとりはメールと直接の会話はLINEとかでいいかなと思います。正直僕はLINEはあまり使いこなせてません。

関西方面で直接会って打ち合わせしたいという方がいれば大阪市内とか僕が住んでいる近くなら対応は可能ですのでご希望に合わせれると思います。

ライターやブロガーの方

ライターの方の案件は、トレンドブログ、ワンピース考察ブログ、ハンターハンター考察ブログの英訳などがあります。

ブロガーの方は全記事を自分で書いている何らかの特化ブログを私の取得したドメインに記事を入れ直す形になるので、アドセンスを利用できるジャンルであれば何の案件でもオーケーです。

ライターの方はまずは10記事ほどお問い合わせで決めたジャンルの記事を書いてもらいます。それを練習用のワードプレスに投稿してもらい、問題ないかを確認後に本番のドメインにアカウントを作って記事投稿、私がチェックして公開という流れを考えています。最終的にワードプレスの記事投稿は自力でできるようになってもらう必要があります。

ブロガーの方は既にワードプレスを使われていれば何の問題もなく、ライターをやりたいのか、自分の特化ブログをドメインを変更してリライトしていくかで方針は変わります。さらに特化ブログの方針も元々の記事を1記事づつリライトしながら入れていくか、全部コピーして徐々に直していくか、元ブログは廃棄するか切り口を変えて2つ運用するかなど事前に決めておいた内容で作業をすすめてもらいます。

アフィリエイターの方

アフィリエイターの募集自体は1人で何年も(最低半年以上)しっかりとやっていて作業量はあるのに月に1万円も稼げなくて、全く何が必要なのか理解ができてなくて悩んでいる人、ずっと月に10万~100万のアフィリエイト収入があったのに全く通用しなくなった人で協業での再起をしたい人、既に専業でお金が余るくらい稼いでいるけどIプランやJプランを一緒にやってくれる人が対象です。

シリウスかワードプレスで全て自分で記事を書いたアフィリエイト用サイトを既に持っているのが前提です。

そのサイトをベースにドメインを変えてリライトしていく形になります。

例えば私が不覚にも情弱で騙された詐欺的で悪質で犯罪的な企業であるBiglobeのサービスをこれはいいですとかいってすすめているサイトはNGです。

ある程度は調べぬいた知識と、自身の体験や経験が記事に入っているサイトでないと協業の対象外です。

まだ全く稼げてない方

今からアフィリエイトを始める方は対象外で、そういった方で一緒に仕事をしたい方はライター募集の案件に応募するか、とりあえず自分でブログやアフィリエイトで記事を書いてみてください。

5ページ以下のペラサイトに関しては私はそれほど実績はないので、順位を上げれる可能性は低いです。ただがんばって作ったけど全く成果が出てないのであれば、見ればどのあたりに問題があるのかはわかるかもしれません。

50記事から100記事以上のサイトを作っていて全くうんともすんともいかない人はドメインとテンプレートを変えて、記事も全てリライトしながらCDMAを回して調整していく形になります。

どうしていいか全くわからないけど、やる気もあって作業もできて、でもお金がないからリスクある高額塾など入れない、入りたくもないと思っていて、お金をかけずにスキルを上げていきたい人向けの案件です。

稼げていた実績のある方

以前は稼げてたけど順位が落ちてしまった方、今もある程度稼げているけど、自分より上位のサイトにゴミのような脱法犯罪者のサイトがあっていろいろと一緒に試行錯誤してまっとうな方法で脱法犯罪者を殲滅していきたい方が対象です。

全く稼げなくなったサイトはベースのサイトと切り口を変えて併用するか、1から作り変えるかは要相談で、今既に稼げているサイトを持たれている方はそれを潰す必要はないので、そのサイトをベースに切り口を変えてもう1つサイトを運営する事になるので調整する事は多いかと思いますので要相談です。

サイト設計やLPをしてくれる方

IプランやJプラン関係でキーワード抽出やタイトル決め、サイト設計やLP作成をしてもらえる方は既に専業か専業並みに稼がれている方でお金と時間に余裕がある方なので、既に僕よりスキルが高い方が多いかと思いますので、お問い合わせ後に要調整となります。

全部1から試行錯誤して一緒に作っていきたい感じの方で無料作業になっても経済的にも精神的にも余裕もある方が対象です。

お金の支払い

いわゆる成果報酬型にて協業での運営事業になります。

協業でのサイト運営で報酬を支払える額に達した場合は、以降毎月お金を振り込んでいく形になります。

記事やブログ、サイトのメンテナンス維持費や管理依頼費みたいな形に成果報酬での支払いになるかなと予定しています。

ワードプレスでブログを作るなら

ワードプレスでブログを作ってアフィリエイトするときの鉄板レンタルサーバーといえばエックスサーバーです。


⇒ おすすめのレンタルサーバー比較

優秀な無料テンプレートや人気のある有料テンプレートを選ぶならこちらの記事をチェックしてみてください。

⇒ おすすめのテンプレート比較