アフィリエイトは1人でもできますが、考え方に固定観念があったり環境的な問題があったりすると僕のように10年以上の経歴があっても月に1000円を安定的に稼ぐには一体どうすればいいのかわからなくなったりするわけです。

そういったパターンに陥っている人はアフィリエイト仲間がいた方がいいと思いますし、必要性もあるわけです。

ちなみに僕が月に1000円を安定的に稼ぐ方法がわからなかった時はアドセンスアカウントは持ってなかったです。

とはいえある意味で真剣には取り汲んでいたので作業量は自分なりにはこなしていましたし、努力もしていたわけで月に1万円くらいは、まぐれというか偶然とかで稼げたりもしたわけです。

ただ安定的に毎月たった1000円稼ぐ方法であったり、どうやったら個人が月に10万円稼げるのかや、月に100万円稼ぐ方法がわからなかったわけです。

今は個人で月に1000万クラスの人もでてきている時代です。

そしてそれを実現する手法や作業量、技術レベル、アフィリエイトの本質、グーグル(検索エンジン)の本質、検索キーワードの本質など何もわかっていませんでした。

IT技術者として特定の分野ではそれなりに実力があったのにです。笑。

今はこれらをある程度ですが明確に説明できますし、一応は教える事も可能です。

全くアフィリエイトをやっていない知識だけの人には不可能ですが、説明したり教える、教わる、ビジネスを一緒にするという事であれば月100万以上稼いでいる人と月数万ほど稼いでいる人にそれほど差異が無い場合もあると思います。

この例でいくと月100万を脱法リライターの外注を雇って稼いでいるアフィカスと、自分だけでやっている人であれば実力などは一緒くらいの場合もあります。

単にブログに入れる記事数という作業量のみが違う場合、人に教える説明の仕方や人間としての生き方や信念などを考えると月に数万稼いでいる人と一緒にやる方が何倍も成長できて報酬も伸びる可能性はケースや状況によってはあるかなと思うわけです。

仲間に対する考え方

アフィリエイトに関しての仲間の必要性は人によって、状況や環境によって確実にあると思いますが、僕自身が10年以上前にどう思っていたかや、自身の考え方が変わった契機などについて整理してみたいと思います。

まず10年以上前はアフィリエイトの存在自体知らない人が多かったわけです。

その頃はほぼ全員が1人でやっていたので僕の場合も同様でしたし、それが当たり前でした。

アフィリエイトを1人でやる事に何も不思議はなかったのですが、その頃の固定観念が相当に残っていたわけです。

本当に大昔は情報商材みたいなのはなかったはずです。ただアフィリエイト塾みたいなのはあった記憶があります。

10年以上前にどんな人がいたかや、どんな人が消えたかを記憶を頼りに書くと、「金持ち兄さん」と「金持ちサラリーマン」のサイトをされているお二方は古参組みですが今も現役で稼がれているようです。

「OLまりえの超ー節約術!!」の書籍を出されていた方はアフィリエイターだったはずですが見かけなくなりましたね。

アフィリエイト塾やコミュニティ

元OLのまりえさんという方を引き合いに出したのは塾かセミナーみたいなのをすごい昔にされていた気がするんですよね。

派遣OL⇒スーパーアフィリエイター⇒会社設立みたいな流れでした。

会社名はホワイトストーンとかいう名前でした。

そして書籍まで出した経験を活かしてアフィリエイト塾、もしくはセミナーやコミュニティみたいなのも運営されていた気がします。

後は楽天ショップを数名でされていたはずです。自社ビル建てるとかをご自分のブログに書かれていたのをなぜか未だに記憶しています。

最終的にOLまりえさんは会社は清算されて、お笑い芸人としてテレビに出ていたみたいです。

個人のHPなんてほとんど無かった時代に「金持ち兄さん」の運営の方は相互リンク依頼をした記憶と、「OLまりえ」という方にはめずらしくメールをした記憶があって覚えていたわけです。

侍魂とかいう個人運営でのモンスターサイトもありましたね。笑。

OLまりえさんに関してなぜ記憶が残っているのかというと、確かご本人は掲載しないアダルト広告に関連して、風俗で働く女性に関して微妙な事がサイトに書かれていて、それについて確かメールをしたんですね。

OLまりえさんのサイトには風俗で働く人は楽してお金を稼いでるみたいな事が書いてあって、アダルトの広告掲載も風俗も私はしないみたいな事を自分のご意見として書かれていたのですが、親の莫大な借金を無理やり背負わされて仕方なく仕事としてされている人もいますよみたいな指摘をしたわけです。汗。

ネットでは基本あまりコミュニケーションをとらない派なので今思い返すと不思議です。

話がおもいっきりノスタルジーになって脱線しました。

さらに脱線させると僕は20代の頃に技術者派遣の会社を立ち上げないかと知り合いに誘われた事がありましたが、自分以外の人に対して責任を持つという事に毛嫌いというか臆病だったので断った事があります。

他にも理由はあって今と違って当時はお金には相当余裕があったのと、株でのビッグチャンスの1回目くらいの頃だったので、仕事だけでなく投資でITバブルの時期でもあり、まぐれ当たりもしていたので会社を立ち上げる必要性も意味もなかったわけです。

当時は20代で何千万と持ってました。ちなみに今はすっからかんです。笑。

ノウハウを人に教える理由

大昔にもOLまりえさんのようにアフィリエイトの稼ぎ方を人に教えるという人はいたわけです。

今現在の情報商材や高額塾、高額コミュニティ、個人コンサルなどに該当するわけです。

当時はなぜ稼ぎ方を人に教えてるのかが意味不明でしたし、そんな事したらライバルが増えて自分達の首を絞めているようなものなので、おかしな事をしているなと思っていたわけです。

僕は確かライバルが増えるからやめて欲しいみたいに思っていたはずです。

塾やセミナーなどで人に教える理由が昔はわからなかったのですが、今ならいくつかのパターンについては理解できます。

そもそも教育はビジネスになるわけです。経歴や就職のために通う大学なんかもアフィリエイトの塾やセミナーとかと意味合いはちょっとずれますが教育ビジネスですよね。

需要があればお金になるという事です。

教えている方が楽に大きく稼げるというパターンも存在した可能性があるという事です。

お金が絡むと詐欺商材や高額な詐欺塾も蔓延してくるわけです。これは教育ビジネスではなくて犯罪、もしくは脱法犯罪です。

アフィリエイトというビジネスを簡単に稼げるとか、楽に稼げるという勘違いで始めると詐欺師の誘導手口にもひっかかりやすくなるわけです。

これはまさに「思考は現実化する」と「引き寄せの法則」が働いた結果ともいえます。

という事で塾やコミュニティはお金のために運営されているので、仲間やビジネスパートナーという考え方からは基本的には外れます。

情報商材や個人コンサル

情報商材の販売や個人コンサルも基本は自分がお金をもらうためにやっている事です。

教育ビジネスとして捉えれば、なんで稼げるノウハウを公開して人に教えているんだというのはある程度納得できると思います。

もちろん詐欺商材や偽者コンサルも紛れ込んできます。

このあたりもパターンは無数にあって無料や有料の情報商材はフロントエンドというエサで、後にバックエンドで情報商材だけじゃ稼げませんよと高額塾をすすめてくる悪質なパターンもあります。

一般的な商品で例えるとパソコンやゲーム機を利益なしで売って、ソフトの販売で利益を出したり、T字カミソリの本体を利益なしで売って、最高の切れ味の消耗品の替え刃の販売で利益を出すとか普通にマーケティングで使われてる手法です。

という事で詐欺商材がある反面、一応はちゃんとした情報商材も存在しているという事です。

それといろいろブログを巡っていてわかったのが、やはり人間は1人では生きれないし、孤独な仕事には耐えれない動物という一面も影響しているようです。

アフィリエイトでの成功後に稼いだ資金でネットビジネスから結局はリアルビジネスへ戻る人もかなりいるわけです。

情報商材や高額塾もお金での繋がりなので仲間とは違いますし、ビジネスパートナーとも違いますよね。

それなりにまともなコミュニティも妙に仲間どうのこうのという煽り文句がウケがいいという理由で使い出しているのを見かけるわけです。

既に定員に達していましたが銀行振り込みの募集人員のキャンセルがでたので募集追加しますとか・・・見え透いた心理学的なマーケティングのテクニックだと思いますが、嘘情報を使って入会を煽っているところって、中身はそこそこでも正直信用できないんですよね。

悪質な詐欺師、脱法詐欺師とは違うわけですが僕とは明確に考え方が違うわけです。結局は時間的な遠回りになったとしても、こういった微妙な嘘情報の煽りをするコミュニティには直接関わらずによかったなと思っています。

思考は汚染されると中々元には戻らないです。

他にも罠に陥りやすいケースなども少しだけ紹介します。

優良な情報商材の危険性

結構信頼できるASPと思われる株式会社Catch the Webという会社があります。僕はこの会社の教材を一切買ったことないんですが、たまたま会社の存在を知る事になっていくつかの案内も見ました。

無料セミナーが開催されている時に参加した事があるので、創業者の方や社長にも動画だけでなく直接会った事があります。

自分で購入して確認してなくても大丈夫そうと思えるような情報商材や塾っぽいです。

ある時期に衝撃的な教材(多分まっとうで効果的な教材と思います)が販売されたのですが、そのノウハウを違法に活用するアフィカスが大量にいたようで、市場には著作権侵害を含めた犯罪者があふれてしまったようです。

有名だと思いますので知っている人も多いと思いますがfacebook広告を最初に使って稼いでおられた超が3つくらいつくスーパーアフィリエイターの方の教材です。

ま~どこまで責任を持てるのか、持つべきなのかって難しいですし、あまり考えすぎると何もできなくなりますが、売り上げの最大化などをやりすぎると世の中にはマイナスになったりもするわけです。

株式会社Catch the Webはかなり信頼できる会社とは思うのですが、TUTAYAとも協業されているようです。TUTAYAといえば例の牛角偽装キャンペーン事件でテレビに取り上げられた悪質ポイントサイト並みに評判の悪いTSUTAYA DISCASの運営がありましたよね。

このあたりアンケートみたいなので質問したりした事もあったのですが、回答はありませんでした。

そもそも1部上場企業でも電通みたいなブラック企業があるんで、いくらでも問題なんて見つかるわけですが、出来る範囲での理想は追い求めたいなという気持ちがあります。

僕は理想主義者の甘ちゃんだという話です。笑。

無料の情報やコンサルの罠

記事が長くなりすぎました。作成中です。汗。

仲間の必要性について

ここまで情報商材や高額塾などについて自分の経験や考え方を交えて書いてきました。

高額塾やコミュニティでの繋がりはお金でしかないのですが、お金契機でも仲間を見つけるきっかけはあると思います。特に人と直接セミナーで会ったり懇親会に参加すれば人間関係が生まれるのでそれも必然なわけです。

情報商材や高額塾は知識やノウハウをお金で手に入れれますが、何らかの目的や思想を共有できている仲間であれば知識やノウハウは無償で共有できるはずです。

組織力の必要性

記事が長くなりすぎました。作成中です。汗。

情報共有の重要性

稼ぐのに必要な実力

まとめ

自分の経験を考えると作業はやっているのに成果が出ない人で、どうしたらいいかわからない。しかもお金が無くてどうにもならないみたいな人を僕自身の手間はそれほどかけずにwin-winの関係で助けれて、組織力を発揮できるような仕組みが作りたいと考えたわけです。

例えば企業でいうと新入社員を1、2年かけて担当する仕事が一人前にこなせるようになるまで育てるなどという感じの方法はお金の無い僕には無理なわけです。

僕自身にお金がないので、信頼できるライターを見つけて高額な原稿料を払い、元が取れるかわからないブログに投資するリスクも負えない状況です。汗。

募集内容や方法については別の記事でまとめますが、あまり手間をかけずに実施できる無料コンサルと信用できるライターやブロガー、成果の出し方がわからないアフィリエイターの人を繋げて力を発揮する形を作り上げる案を作ってみました。

アフィリエイト仲間やビジネスパートナーでwin-winの関係を組織的に作る仕組み、方法論はこちらにまとめました。

⇒ アフィリエイターがwin-winの関係を作る方法

実際にどういった内容で仲間やアフィリエイターを募集しているかはこちらです。

⇒ アフィリエイト仲間の募集内容

もう少し大きな括りで、僕の個人的な問題や課題を解決してくれるような神のような人も含めた協力者の募集はこちらです。

⇒ ビジネスパートナーの募集内容

ワードプレスでブログを作るなら

ワードプレスでブログを作ってアフィリエイトするときの鉄板レンタルサーバーといえばエックスサーバーです。


⇒ おすすめのレンタルサーバー比較

優秀な無料テンプレートや人気のある有料テンプレートを選ぶならこちらの記事をチェックしてみてください。

⇒ おすすめのテンプレート比較