ハンターハンターという作品は人気マンガなのでコミックが海外でも販売されています。

英語版やフランス語版も販売されているのでこれを持っていて(もしくは購入して)読める状況にある人で、日本語を英訳できる人を募集します。

募集する仲間は日本語を英訳できる人ですが、基本は無料のボランティアか成果報酬形式のお金が目的ではない作業をできる人という事になります。

それとメインの英訳はハンターハンターの考察ブログになるので、ハンターハンターのコミックの英語版を持っている人が必ず必要になります。

英訳できる人を募集する理由

このブログでは覚醒アフィリエイターの仕事というか使命の1つとして北朝鮮の拉致問題を解決するためのIプランとIプロジェクトについて公開し、協力者を募集しています。

詳細な内容は作業報告と成果と収支に記載しているサイトやブログを構築していて公開しています。

このブログでも概要は説明していますが、詳細は覚醒サイトAに詳しく書いています。

  • 覚醒サイトA
  • 覚醒ブログH
  • 覚醒ブログI

協力者の募集は覚醒ブログIでも同様に日本全国に向けておこなっていきます。

このブログは覚醒アフィリエイター向けのブログなので少し小さめな募集になります。

IプランとIプロジェクトはスケジュール的なフェーズを大きく1~3まで分けていて、協力者を集めるフェーズ、日本の覚醒フェーズ、全世界の覚醒フェーズといった順番で進める予定でした。

このブログに記載している毎月の収支報告の記事を読んでもらうとわかるのですが、僕が主導する予定だった最初のフェーズでつまづいているわけです。

拉致被害者のご家族に時間がない中で2017年のうちに問題を解決したいと思い、それが必ず実現できるプランを構築したのがIプランとIプロジェクトなのですが、僕の健康と経済的な問題とスケジュール管理能力が欠如していたので未だにフェーズ1で停滞しているわけです。

2017年もこの記事を書いている時点では残り16日と少ししかありません。

土台を整えずに手を広げすぎるのは、もしかすると余計に時間的な問題を複雑にする可能性を高めるかもしれませんが、1歩でも前にではなく1秒でも早く問題を解決できる可能性を求めてIプランとIプロジェクトのフェーズ3を同時進行させたいと考えました。

そういう意味では元々予定していた内容を早めに開始するために英訳できる人を募集するということです。

考察ブログの英訳

実際に日本語を英訳できる仲間を募集するわけですが、覚醒ブログHはハンターハンターの考察ブログです。

なぜハンターハンターと北朝鮮の拉致問題が関係しているのと思われた方は一度ハンターハンターを読んでみてください。考察力のある人や北朝鮮の拉致問題を解決したいと考えている人であればそういう事かと気付く可能性があります。

僕自身もパラダイムシフトが起きた後に覚醒し、考察や分析をする力を蓄えて、北朝鮮の拉致問題を解決したいと思ったからこそ気付いた内容です。

Iプランは既に骨組みは出来上がっていて、後は協力者が億単位で必要な状態なだけです。IプランとIプロジェクトの協力者を募る最初のきっかけを僕はハンターハンターの力に頼ろうとしたわけです。

本当は日本人の義務として日本の覚醒を終えてから世界に協力を依頼して全世界の覚醒へと繋げるのが本来の筋かと思っていました。

ただ、結果が全てといえる必ず叶える夢には時間的な制限が存在します。

既に拉致被害者のご家族の方は亡くなられている人も出始めています。時間稼ぎをしているような腐敗しきった政治家や汚染官僚の望みどおりにこのまま終わらせる事はできないなと思ったわけです。

人の心と想いや信念を繋ぎ合わせるのがIプランとIプロジェクトです。

日本が覚醒してない状況でも世界に協力してくれる人は必ずいます。

覚醒ブログHは僕が文章を書いているので、それを英訳してもらう必要があるのですが、ハンターハンターのキャラ名や文章の言い回しは実際に英語版のコミックを購入している人でないと不可能です。

募集する人についてできれば望ましいスキルについても記載しておきます。

翻訳に協力してくれる人

少なくともハンターハンターの英語版コミックを購入している事と英訳ができるというのは必須条件です。

覚醒ブログHはワードプレスで作っているので、できればワードプレスの使い方を理解されている方が望ましいです。

ワードプレスを使えない場合は和訳してもらったテキスト文章を僕がワードプレスに入れていくという事になります。

ただそうなると結構な時間が必要になるのでワードプレスの使い方は覚えながら翻訳していくという感じがありがたいです。

後は覚醒ブログHを英訳する時の文章の書き方ですが、SEOについても考慮できるような人だとより望ましいです。

覚醒ブログHからもIプランとIプロジェクトへの協力者を募集するので、英語版も同様な構成になります。

すると検索エンジンからの人を呼び込むためにはSEOの知識があった方がよりよいという事です。

覚醒ブログHはたまたま偶然ですが、しばらく記事を入れていなかったにも関わらず理由があって2017年11月に1ヶ月10万PVを達成しています。

似たような事があれば英語でしっかりとした記事を作っておけばアクセスを見込めて、世界から協力者も得れるはずです。

僕は日本は太平洋戦争に負けてよかったというか、負けるべきだったという歴史観を持っています。

そういえば僕は東日本大震災の時は何もできなかったなと思います。まだ鮮明に記憶に残っていますが確かカーナビの仕事をしていました。

福島の原発事故も本来はもう少し被害を縮小できたはずだったのに、腐敗した政治家や官僚、既得権益に汚染された東京電力が被害を拡大させた人災でした。

あれだけの被害が出た福島の原発事故も少しづつ忘れ去られようとしています。

僕はあの時に何もできなかったですが、日本中がお祭り的なイベントを自粛するようになって、同胞に起きた問題を共感していたと思います。

広島と長崎に落とされた原爆も今は絶対に繰り返してはいけないという想いが覚醒した僕にはあります。

北朝鮮の拉致問題も決して忘れて風化させるような問題ではないと今では思っています。

ちなみにIプランとIプロジェクトの先には世界平和を実現可能なJプランとJプロジェクトというものも存在しています。

理論サイトSで今後進めていく予定ですが既に基礎理論は出来上がっています。

作業の進め方

ざっくりとした作業のイメージですが、条件にあった英訳を協力してくれる仲間が応募してくれた時点で覚醒サイトAと同じ構成を作るために新規ドメインを僕の方で取得します。

同時に覚醒ブログHと同じ構成にするためにサブドメインでワードプレスを立ち上げて英訳記事を入れれるようにしていきます。

覚醒ブログH(英語版)の準備が整えば、覚醒ブログH(日本語版)を見ながら英訳記事を入れていってもらうという形を考えています。

1人~数人のチームで作業してもらえるような形になればいいなと思っています。

英訳の精査というか精度を上げるためや、完成スピードを上げるため、最初に作業に取り掛かってもらった後に、途中で作業ができなくなれば引継ぎというか、作業が完全停止しないようにチーム制を考えています。

翻訳者の人はペンネームを入れてもらいたいところです。原文の僕は覚醒ブログHのままで行く予定です。

基本的に最初は無料のボランティア作業になります。

リナックスとかワードプレスとかwikiとかのように無料で構築されていっているシステムやドキュメントみたいな感じで最初は無料で手伝ってもらえる人を募集します。

ただ、覚醒ブログHと覚醒サイトAには日本語版と同様にアドセンスを入れますので、収益が発生すれば運営資金としてその中から翻訳料をお支払いするのも可能になるかもしれません。

日本の政治状況次第ですが、最終的に規模はドデカイものになります。

日本の心が1つになり莫大な信念のエネルギーを生み出さないと北朝鮮の拉致問題を解決させる事はできません。

その頃にはNPO法人とかが立ち上がっているかもしれませんが、最初の取り掛かりというかチームの立ち上げはお金をもらわなくても翻訳します、やりたいですという人を募集します。

まとめ

この記事ではハンターハンターの考察ブログである覚醒ブログHの英訳をしてくれる仲間を募集しました。

覚醒サイトAに関してはハンターハンターの英語版を持っている必要性はないですので、純粋に英語能力だけで手伝っていただけれます。

今回は英訳の募集をしていますが、世界の覚醒に向けてはもう少し多言語化したいと考えています。

同様の条件にてハンターハンターのコミックが販売されている言語にて同じ事が可能であれば、同様に英訳以外もお願いしたいと思います。

ハンターハンターという作品の中でクラピカの人生は「奪われた同胞の緋の目」を取り戻すのが目標になりました。

「奪われた同胞の緋の目」とは「奪われた同胞の日本のめぐみ」という掛け言葉になっていると私は考察したわけです。

キメラアント編の東ゴルトー共和国は北朝鮮がモデルになっているのは考察ファンなら誰でも知っている事ですが、目の見えない暗闇にいる髪の白いコムギという13歳くらいの少女は誰を表現していたと思いますか?

クラピカのモデルというか元ネタになっている風の谷のナウシカでオームは群れの子供を利用するために拉致されて利用されようとした時に目を赤くして怒り震えて大地を揺らしていました。

覚醒アフィリエイターの真の力を使える人は手伝ってください。

IプランとIプロジェクトは結果のみを追求する夢です。

ワードプレスでブログを作るなら

ワードプレスでブログを作ってアフィリエイトするときの鉄板レンタルサーバーといえばエックスサーバーです。


⇒ おすすめのレンタルサーバー比較

優秀な無料テンプレートや人気のある有料テンプレートを選ぶならこちらの記事をチェックしてみてください。

⇒ おすすめのテンプレート比較