日本人の死因は男女共に悪性新生物が1位なわけですが、これはすなわち癌(ガン)です。この癌(ガン)を治療するに使われている抗がん剤治療の副作用と危険性の背景をしっかりと理解しないといけない事情があるので、急遽記事を作ってまとめています。

抗がん剤は副作用があり、危険性を訴えている人は医療業界にもたくさんいます。

抗がん剤治療はインチキとか医療テロとまで言っている人の真意を理解する必要があります。

アフィリエイト業界では2017年12月にあったグーグルの健康アップデートで9割失敗さんがアフィリエイトで生活できなくなった事をカミングアウトして、話題になっていました。

僕は医者でもなく医療ジャーナリストでもありませんし、身内が癌(ガン)になった時も特に深くは調べたりしてないくらいの状況でした。素人が調べてもどうにもならないという先入観もあったのだと思います。

ただなぜかはわかりませんが、小林麻央さんが乳がんで闘病されているのを知ったときはよくなるように祈っていました。小林麻央さんは別に何の関わりも興味もない方ですし、どちらかというと海老蔵事件を起こし被害者とはなっていますが、芸能界という洗脳集金ビジネスの中枢でやりたい放題していた市川海老蔵みたいなのは関わりたくない人間なわけです。

⇒ アメイジング・グレイスを作詞したジョン・ニュートン

僕の祈りはもしかすると届いたかもしれませんが、小林麻央さんのご病気は回復せず亡くなりました。その後に芸能人の人達が癌(ガン)で亡くなっていく理由もある程度理解したのですが、抗がん剤は副作用と危険性を訴えている人の背景に何があるのかの真意をお伝えできればと思います。

抗がん剤治療の副作用

抗がん剤治療では個人差があるとはいえ、副作用が明確に出ます。

脱毛(体毛・眉毛・陰毛)、吐き気、嘔吐(おうと)、 血管痛、発熱、便秘、疲れやすさ、だるさ、食欲不振、下痢、口内炎など個人差や抗がん剤によって様々な症状が出ます。

これだけ見ると怖いとしかいいようがないですよね。

肌が黒くなっている患者さんの写真や有名人の写真も見たことがあるかと思います。

ではなぜこんな副作用が出るかですが、抗ガン剤の起源は化学兵器マスタードガスから作られているからです。

人体には明らかに毒

個人差や使う抗がん剤にもよるわけですが、副作用の内容を見ると明らかに人体には毒なわけで、抗ガン剤の起源は化学兵器マスタードガスである事からも明白です。

それでも抗がん剤治療が行われている理由としてはが癌(ガン)が増えるのを抑えたり、成長を遅らせたり、転移や再発を防いだり、小さながんで転移しているかもしれないところを治療するためなどに用いられるとの事です。

でもマスタードガスは遺伝子を傷つける可能性があって発がん性まであるのです。

抗がん剤は、がん細胞の増殖を阻止すると同時に、正常細胞に対しても発がん性、催奇形性、生殖毒性、臓器障害などの毒性を有するものが多いと医療系の資料にも記載があります。

抗がん剤の危険性を必死に伝えている人はこういった危険性を伝えているわけです。

そもそも発がん性まであるのに治療に効果があって、再発を防げるのかという疑問が医者でなくても出てくるわけです。これは別記事で紹介しますがウイルスとワクチンの関係で疑問視されている問題とも似ています。

看護師の曝露(ばく露)対策

そもそも癌(ガン)患者でない人に抗がん剤を使っても健康は損なわれるわけです。

それだけでなく、抗がん剤を扱う看護師の人にも曝露(ばく露)対策をとっているのです。

抗がん剤を取り扱う看護師の尿より変異原性物質が検出されたという報告があったり、抗がん剤を取り扱う医療者の染色体異常や流産の発生率の増加、急性症状の発症の報告が相次ぎ、職業性曝露に対する予防対策が注目されるようになっているといった資料が出回っているわけです。

これって普通に考えてどういう状況なのかってわかりますよね。

なぜ危険な治療がされるのか

抗がん剤の副作用やその起源となった化学兵器マスタードガスの恐ろしさを見ても、その危険性は十分に理解できると思います。

ではなぜそんな危険な治療がされるのかというと疑問に思う人もいるでしょうし、不治の病だから危険性を覚悟で治療していると思う人もいると思います。

実はその裏には恐ろしい事実があるのです。

本当に全ての事を理解するには、膨大な知識が必要なのですが、ここでは9.11アメリカ同時多発テロ事件はアメリカが仕組んだ自作自演だった事や、世界中の政府が取り組んでいる人類削減計画(人口削減計画)みたいな簡単には信じられない事などは抜きに、歴史上の医療利権の問題を中心に説明したいと思います。

まずそもそもガンは昔からある不治の病ともいわれていたのですが、実は末期ガンであっても昔から治療は可能だったのです。

ガンは末期であっても治療できた

実は隠蔽された歴史のひとつにロイヤル・レイモンド・ライフ博士の研究というものがありました。

人にガンを作るウイルスを発見していたライフ博士は、ウイルスの振動と共振する周波数の光を照射しウイルスを破壊するという技術を作ったのです。

この光の周波数は正常な細胞には影響しません。

ロイヤル・レイモンド・ライフ博士の事は調べてくれた人が情報をネットに載せてくれています。

この治療法の原理は声(音)でワイングラスを割るのと似ています。

ひとつの治療方法といえますが、安全にガンは治療できたのです。

でもこの治療方法はいんちきな医療利権を持っている人間達によってライフ博士の逮捕や研究所の放火などで不当に潰されました。

これと同じ事が現代の日本で起きたのが小保方晴子さんのSTAP細胞捏造疑惑です。笹井芳樹教授が不審死で命を奪われたのもそういう事です。

ちなみに安保徹教授というワクチン批判や免疫療法を推進していた方も不審死で亡くなっています。

この事からも何が正しい情報なのかというのは状況証拠として判断し、賢い人なら理解できるかと思います。

結局は潰されたSTAP細胞はパクられてiMuSCs細胞みたいなのがアメリカから出てきたわけです。

この件は日本政府が潰したわけではないですが、あれだけマスゴミが騒いだのは明確に世界の闇の権力が、卑劣ななんちゃって日本人達を使ってマスゴミを支配している証明ともいえます。

もちろんジャーナリストの中にも本物の日本人はいましたが、命を奪われていったのです。

薬物汚染された洗脳集金ビジネスの芸能界とつながっているテレビ業界ですが、報道関係者やテレビマンにも本物の日本人はやはりいて、真実を伝えた事によって不審死によって何人も命を奪われています。

ちなみに医療利権で命が奪われているだけでなく、石油利権を守るためにクリーンなフリーエネルギーの研究や開発でも世界中で何人もの命が不審死で奪われていっています。

業界的には違いますが、押尾学の起こした事件なんかは事実と全く違う報道がされています。

これは日本の腐敗した売国奴の政治家や官僚が情報操作したマスゴミの実態のいい例ですが、アメリカからも圧力は相当あるので政治家、官僚、マスコミなどは都合のいい事しか真実を語らないのです。

それとご存知だと思いますが、表でマスゴミを支配しているのは芸能界と同様なんちゃって日本人だという事です。

恐ろしい医療利権

そもそも化学兵器マスタードガスが起源の抗がん剤なので、アメリカで使用されていたのだと思いますが、危険性がある事は最初からわかっていたはずです。

本来確立するはずだった治療法が闇に葬られ、不治の病と思い込まされ(バイアスをかけられ)たから使われだしたのではないのかと思うわけです。

抗がん剤治療以外にも免疫療法などがあるので、だんだん実態がばれ始めたのだと思います。

アメリカや他の先進国では使えない状況になりつつあり、癌(ガン)患者の死亡率もアメリカや他の先進国では日本のように1位とかではなくなっている中、日本の癌(ガン)患者の死亡数は増えています。

こういったところで英語ができない日本人は真実の情報から取り残されてしまいます。僕も残念ながら翻訳ソフトを使うしかできません。

なぜ抗がん剤が日本で使われ続けるのかを考えると、医療利権の維持と在庫処理のために使われているのが妥当と考えれます。

だから必死に抗がん剤の危険性を訴えている人がいるのです。

アメリカで癌(ガン)患者の死亡数が減っているのに対して日本では増え続けていると指摘されているデータもあります。

免疫療法もありますし、糖ゼロ食事、ビタミンC投与という治療法もあります。実際に現役の医師もそういった方向性で治療している方もおられるわけです。

僕は偶然にも上記の動画を見た後に、別の北朝鮮の拉致問題を解決するために孤軍奮闘しているブログに「私は今子宮頸がんステージ4です。私にできる事はありますか?」とコメントをもらったのです。

正直いっていきなり重いコメントをもらったのですが、コメントの返信で上記の動画を紹介しました。

その後に抗がん剤についていろいろと気になって調べて1ヶ月かけて理解した内容の一部がこの記事です。他にもいろいろな事があるというのがわかりました。その後に調べた内容と、もしかしたら何とかなるかもと思って差し出がましいようですがメールもしたのですが、特に返信もなかったので、ブログにコメントをくれた方がどうなったかはわかりません。

同じ頃に僕とはそれほどは面識のなかった親族が癌(ガン)で入院しているのを知り、上記の動画を伝えるように家族に言ったのですが、上記の動画を見たかどうかはわかりません。

その時には日本の抗がん剤を使った医療で何がおこなわれているのかは知りませんでした。この記事に書いた内容と、それ以上の内容を理解してもう一度連絡をできるかもと思ったときに親族の事を聞くと、既に亡くなった後でした。その親族には今の時代に母親に勘当された医者の娘がいたのですが、最後にもう一度父親には会えていたらしいのですが、結果として助けれなかったようです。

もちろん医者でもない僕の言うことを信じてくれたかはわかりません。

そもそも僕は直接連絡する手段がないので、僕の家族がどこまで真剣に僕の話を聞くかも怪しいわけです。ケムトレイルとかの話をしても全く信じないので、この抗がん剤の話もどこまで理解して、どうすべきかを親族に伝えるかわからないような状況ではあったのですが、伝える努力をする前に親族は亡くなりました。

除草剤などでの発がん性

実は世の中には故意に発がん性のあるものが流通していたりするのです。

2018年8月10日に米カリフォルニア州在住で末期がんと診断されている男性が、がんになったのは農薬大手モンサント(Monsanto)の除草剤「ラウンドアップ(Roundup)」のせいだと同社を提訴した裁判で、陪審は10日、モンサントに約2億9000万ドル(約320億円)の支払いを命じる評決がでているので海外メディアはそれを報道しています。

陪審は全員一致でモンサントの行動には「悪意があり」と判断したと海外メディアは報道してますが、日本のマスコミはほぼ全くといっていいほど取り上げません。

これも海外では悪意のある発ガン性の除草剤がばれて海外で売れなくなったから日本で売るつもりなのが透けて見えるわけです。売国奴の政治家と汚染官僚は日本人の健康にとって危険なものを積極的に輸入させています。

この国は終わっていると明確にいえるのが厚生労働省は2017年12月にラウンドアップの主成分であるグリホサートについて最大400倍の大幅緩和を認める通達を出しているという事です。

おぞましい腐敗した政治家や汚染官僚は自分達は天下り先などで公金のキックバックを受けて利権をむさぼり、国民の命を売り払って高笑いしている人間のクズです。

ケムトレイルとかもそうですが、ガンをわざと作っているのです。そして何も知らない患者に抗がん剤を使わせているという最悪のループです。

何故癌(ガン)になったかも理解できず、本当に治る見込みがあるのかも意見が分かれている治療によってお金も命も奪われているのです。

まとめ

抗がん剤については研究している専門家であったり、治療にあたっている医者の間でも意見が分かれているわけです。

ただ様々な歴史であったり、不審死で亡くなっている人がどういう人かを考えると、何が正しくてどういった治療法を選択するべきなのかを判断する材料はあるわけです。

危険な非加熱製剤を使い続けて医療利権をむさぼり、日本人の命を奪い続けた薬害エイズ事件がありました。

危険性のある抗がん剤が使われ続けるのも同じ理由の気がするわけです。

日本は芸能界とかを見てるとわかると思いますが、なんちゃって日本人に支配されているわけです。日本ボクシングを再興する会から告発された山根明なんかをみていると同じ構造が日本中に蔓延しているというのがわかるかと思います。

日本の腐敗した売国奴の政治家や汚染官僚のバックにはアメリカをのっとった世界の闇の権力がいます。

マスゴミを支配しているのも同じです。アメリカを使って日本人の財産を奪い、命まで奪っているという構造です。

ちなみにトランプ大統領はどうかというと、9.11アメリカ同時多発テロ事件は再調査するといっていた人で、ワクチンは打たない、ケムトレイルは辞めさせると言っていた大統領です。

ロスチャイルド家と関係しているようなので怪しい事は怪しいのですが、アメリカのマスコミがトランプ大統領を叩く理由は今までの大統領とは全く違う方針だからです。日本のマスコミも最初はトランプ大統領を叩いていたような気がします。

覚醒アフィリエイターとしてどうしてもこの記事は作る必要がありました。

抗がん剤については専門家でも意見が分かれているので、何を信じるのかはその人にまかせるしかありません。

薬害エイズ事件は裁判になり、製薬会社はやってた事がバレて土下座していました。死刑でも生ぬるいと僕は思います。警察や検察は裏金作りをしている犯罪組織である事は仙波敏郎さんや三井環さんの命を懸けてくれた内部告発で判明しています。犯罪政権や政治家をかばっている裁判所も犯罪に加担しているグルです。

抗がん剤の問題は最終的にどうなるかはわかりませんが、あるべき道に進む必要があります。

「資料廃棄」という虚偽答弁を繰り返した汚染官僚の佐川宣寿はなぜか不起訴になってますし、官僚は公文書の改ざんを平気でやっている犯罪者達なので、今後は医療データも改ざんしてくる可能性は高いです。

今の日本は致命的で八方塞がりな状況です。発がん性のある製品や食べ物によって若い子供達にも影響は出ています。この問題は男性よりはより身近で子供の命を守ってくれている主婦アフィリエイターやブロガーの人達が、リサーチしながら声を上げて欲しいと思います。

ここから2018.08.31の追記になりますが、その後に別のブログでも記事を書くために抗がん剤の効果やデメリットについて追跡調査していましたが、ビジネスジャーナルが「アメリカの政府機関OTAによるレポート」の概要を公開してくれています。「Office of Technology Assessment(アメリカ議会技術評価局)」の略称で、 政策立案のために基礎調査をするアメリカ議会の調査部門の事です。

・抗がん剤では患者は救えない
・抗がん剤の投与でがんは悪性化する

URL:https://biz-journal.jp/2017/01/post_17717_2.html

アメリカではどうもとっくにインチキがバレて真実が公表されているようです。これを見るとですが、日本人は腐敗した犯罪政治家と汚染官僚を告訴してく段階のようですね。

ワードプレスでブログを作るなら

ワードプレスでブログを作ってアフィリエイトするときの鉄板レンタルサーバーといえばエックスサーバーです。


⇒ おすすめのレンタルサーバー比較

優秀な無料テンプレートや人気のある有料テンプレートを選ぶならこちらの記事をチェックしてみてください。

⇒ おすすめのテンプレート比較