悪質なプロバイダのビッグローブ(Biglobe)から送り込まれてきた脱法詐欺師の営業に騙され、自分の一生懸命稼いだ月収を違約金で奪われた怒りを記事にしていたわけですが、実は悪質なコラボに加担しているのがNTT西日本なわけです。

もしかするとNTT西日本が脱法詐欺の主犯的な役割を果しているのかもと疑問に思ったので、その核心となる脱法コラボの真相部分について切り込んでみたいと思います。

僕が騙されたビッグローブ(Biglobe)というの悪質なプロバイダの手口は下記にまとめています。

⇒ Biglobeという評判の悪い悪質なプロバイダ

悪質なビッグローブ(Biglobe)のサービスを我慢して使い続けるか、高い違約金を払って解約するかの相談のためにカスタマーサポートに電話した際に自分が脱法詐欺師の詐欺的な営業に騙されたことが判明し、解約する事を決断しました。

人間のクズのカスタマーサポートは事務手数料などの更なる追加を要求してきたわけですが、呑むしかなく脱法コラボをしているNTT西日本の回線工事費も払う必要性があったのですが、クズのカスタマーサポートは自分達が騙した罪の罪滅ぼしを偽善的な見せかけで電話口だけで騙す常套手段の手口なのか、NTT西日本の回線工事費の支払いは請求されないよう手続きさせてもらいますと言ってきました。

自己嫌悪と失意に沈みつつも、怒りが収まらないなかで許されざるは株式会社ソライズというビッグローブ(Biglobe)のパートナー企業から送り込まれてきた脱法詐欺師と、悪質で詐欺的な営業をさせているビッグローブ(Biglobe)の代表取締役社長である有泉 健が巨悪の根源だと思っていたわけです。

でも会社組織ぐるみで犯罪的な企業という事が判明しました。怒。

ほんの少しであってもカスタマーサポートに救われたと思っていたわけですが、脱法コラボ先のNTT西日本からは料金回収代行サービスという名目で23240円の請求がきました。

月収が5万円前後の経済的弱者に脱法詐欺営業を仕掛けて、解約違約金の29160円と脱法コラボ先のNTT西日本に対する支払いが23240円で合計52400円が使いもしなかった、使えないゴミサービスに奪われたのです。

主犯は一体誰なのか

僕はNTTという組織がいろいろな理由があってあまり好きではないのですが、今回のビッグローブ(Biglobe)という悪質なプロバイダの脱法詐欺営業にNTT西日本がどのように関わっていて、ビッグローブ(Biglobe)のクズのカスタマーサポートが不要といったNTT西日本の工事費がなぜ契約もしていないNTT西日本から請求されるのかが非常に疑問でした。

法律的にもどのような仕組みでNTT西日本が請求してくるのかも疑問だったわけです。

これは疑問を解消してから支払いをしようと一応はNTT西日本に問い合わせてみました。

NTT西日本の役割

嘘の混じった悪質で詐欺的な営業を仕掛けて、契約書では口頭とは内容の違う契約を結ばせ顧客の金銭を奪い取る内容を用意周到に準備しているビッグローブ(Biglobe)ですが、回線はNTTの回線を使っているわけです。

悪質な詐欺的営業の実行犯はビッグローブ(Biglobe)が担当していますが、回線の準備と工事担当などはNTT西日本がしているわけなので実は主犯はNTT西日本でうまみ部分をしっかり握って、裏で手を引いているのじゃないのかという疑問が出てきたわけです。

これは僕がNTTがあまり好きでないから出てきた疑問かもしれませんけどね。

ただNTT西日本は明確に脱法コラボをして、ビッグローブ(Biglobe)に加担していることは間違いない事実です。

NTT西日本からの請求

悪質なプロバイダであるビッグローブのクズのカスタマーサポートはNTT西日本からの請求はされないように手続きをすると言いました。

でも実際にはNTT西日本からは当然なのかもしれないですが、高額な工事費用である23240円が請求されてきました。

もしかしてNTT西日本は2重で儲けているのではないのかという疑問が湧いたわけです。

これはNTTがあまり好きでない僕ならではの発想かもしれませんが、ビッグローブのクズのカスタマーサポートが言っていた事が仮に本当だったら、NTT西日本への工事費の支払いは僕の解約違約金を使って企業間でされるのかなと思っていたわけです。

それでも経済的弱者を騙したビッグローブは黒字なんでしょうけど。汗。

するとNTT西日本はビッグローブから工事費を受け取って、さらに僕にも請求をかけて2重で受け取って「情報弱者騙す商売うまー。これはやめられないな~。たまりませんな~。」みたいな事をしている可能性があると僕は思ったわけです。

ここでもまだ、脱法詐欺師を送り込んできたビッグローブ(Biglobe)のクズのカスタマーサポートを信じているような立場の考えがまだ少し残っていたという事になります。

実際にNTT西日本に問い合わせてみると脱法コラボの仕組みというか実態はある程度明確にわかりました。

脱法コラボの実態

いくつもの疑問を解消するためにビッグローブ(Biglobe)とNTT西日本の脱法コラボについてNTT西日本に問い合わせました。

一応ですが、僕の中では電話に出た担当の人はある程度はまっとうそうで申し訳なさそうな態度ではありました。

ビッグローブ(Biglobe)のクズのカスタマーサポートのような人間もいるので、簡単に信用するわけにはいかないんですけどね。

まずは料金回収代行サービスってなんですかや、なぜ契約もしていないNTT西日本から僕に請求がくるのかという疑問を聞いてみました。

料金回収代行サービス

元々NTTは料金回収代行サービスという法的に認められた仕組みを持っていたらしく、それを脱法コラボ先のビッグローブ(Biglobe)に貸しているという事でした。

要はNTT西日本は何の料金かもわからない請求をガンガンと消費者に請求できる仕組みが法的に認められているという事みたいです。

僕の解釈では上記のようなものだと理解しました。

法人間の契約はしっかりしていないと国民がひどい目にあうという理解はあるでしょうかね。NTT西日本の経営陣は大丈夫なんでしょうか。

電話に出た担当は契約先企業のさらに先のパートナー企業の云々で問題は起きる可能性はあるみたいな事を言っていて、実際にその通りの問題が起きているわけですが、やはりNTT西日本にも責任はあるのかなと僕は思います。

悪質な犯罪的企業にNTTが料金回収代行サービスを貸与すると消費者は悲惨な目にあうという法の抜け穴的な実態が浮き彫りになったわけです。

NTT西日本の利益

僕自身は契約もしていないNTT西日本から請求が来たので、NTT西日本がビッグローブからお金をもらい、さらに僕からもお金を取ろうとしている可能性はないのかという疑問をぶつけました。

するとNTT西日本の担当は料金回収代行サービスの契約を法人間で結ぶ時に、最初の段階で既に支払うお金は明確に決まっているという事だと言っていました。

要するにビッグローブ(Biglobe)の意思によって料金回収代行サービスの請求が行われ、NTT西日本から請求が来たということです。

ビッグローブ(Biglobe)のクズのカスタマーサポートはこの請求を止めれる権利を持っていて、止めるといったわけですが実際は止めないで「情報弱者を騙す商売うまー。たまらんち。」という事を明確にしたという事になります。

要するにNTT西日本がビッグローブと僕の両方からお金を取るという事はシステム上ありえないという事で、NTT西日本の担当の人との会話の中では言い方は悪いけどビッグローブのカスタマーサポートが付かなくてよい嘘を付いたんだろうという結論になりました。

電話に対応していたNTT西日本の担当の人は外注でなくて正社員っぽい雰囲気もあったわけですが、上層部に脱法コラボの問題を報告する事はないでしょうから、今後も料金回収代行サービスを悪用するプロバイダによって多くの国民が騙されておとしめられていく事になるでしょう。

まとめ

という事でNTT西日本の脱法コラボの実態や仕組みについて疑問に思ったことを問い合わせてまとめてみました。

NTT西日本の料金回収代行サービスを悪用した日本国民をおとしめる行為は今後も続きそうですね。

ビッグローブ(Biglobe)という企業には高い解約金を払おうが決してサービスを使うべきでない思う方がいれば、解約についてはこちらからどうぞ。

http://support.biglobe.ne.jp/jimu/keiyaku/kaiyaku/

吐き気のするゴミの人間が提供するゴミのようなサービスは1秒たりとも使いたくないですからね。

この悪質なプロバイダは何とかして責任をとらせたいですが、今の僕には経済的余裕も時間的余裕もありません。

人頼みになりますが、サイバーエージェントやPCデポに切り込んだ有名なライターのヨッピーさんがビッグローブ(Biglobe)に切り込んでくれたらなと願うわけですが、ヨッピーさんも自分の仕事がありますからね。

そこで僕的にはヨッピーさんの夢を叶える企画案を作ってその企画案の無償提供の代わり、切り込み隊長をしてもらえないかなと考えてみたりしました。

ヨッピーさんの夢を叶える企画案はこのブログで記事にしたいと思います。

同時にビッグローブ(Biglobe)の代表取締役社長の有泉 健を刑事と民事で訴える大弁護団みたいなのを日本の弁護士の有志で立ち上げてもらえないかなと思います。

訴訟費用の資金はクラウドファウンディグであったり、ヨッピーさんの夢を叶える企画ネタをマネタイズするとかで捻出する事ができれば素晴らしいんですけどね。

一気に悪質なプロバイダに日本中の怒りをぶつけ、その怒りをさらにビッグローブ(Biglobe)のせいで北朝鮮の拉致問題解決が大きく遅れた事にも怒りを感じていただき、IプランとIプロジェクトを進める力にしてもらえたら非常に助かります。

NTT西日本が脱法コラボの被害者を救うために率先して本物の勇者達を集めて大弁護団を組んでくれてもかまいませんけどね。

少し立場の似ているJR西日本は福知山線脱線事故を起こして何も悪い事などしていない多くの人の命を奪うことになってしまいました。刑事告訴された歴代の社長達に対し結局は無罪判決が出ましたが、利益を追求して人の道を踏み外すと大きな代償を自分達や関係のない第三者が払う事になるという事をしっかりと理解して欲しいところです。

脱法詐欺などは一切ないですというまっとうなプロバイダがありましたら、下記で紹介していきたいと思います。

ワードプレスでブログを作るなら

ワードプレスでブログを作ってアフィリエイトするときの鉄板レンタルサーバーといえばエックスサーバーです。


⇒ おすすめのレンタルサーバー比較

優秀な無料テンプレートや人気のある有料テンプレートを選ぶならこちらの記事をチェックしてみてください。

⇒ おすすめのテンプレート比較