過去の記事にもあるように2016年にも参加していたA8フェスティバル大阪なるものに対して2017年も参加してしまいました。

去年は誘われて行ったのですが、今年はその流れのままに今回は1人で参加してみました。

ブログアフィリエイトをしているのでサイトアフィリエイトは去年も今年も注力していないんですけどね。汗。

ま~これが散々な結果だったという体験レポートの記事です。

どの辺りから記事にするか悩めるところですが、一種の駄文の読み物として細かいどうでもいい部分まで徹底的に分析や解説、考察や感想を書いていこうかと思います。

ちょいちょいと去年に書いた記事を懐かしく思い出しながらこの記事を書いています。

⇒ 2016年のA8フェスティバル大阪に参加してみて

A8フェスティバル大阪へ参加

という事で去年に来年も参加しようと思っていて、時期的には4ヶ月もずれての開催だったので見逃した可能性もあるのですが、たまたま開催される事を知ったわけで申し込んでみたわけです。

そういえば・・・。

去年ここでとある約束があったはずですが完全スルーでした。

一応、僕は印象に残っている事だったので覚えていましたが、ま~どうこうできるものでもなくスルーしました。

ちなみに参加前のアンケートに対する僕の回答が下記です。

(任意)A8フェスティバル参加に向けて、意気込みをどうぞ!

去年よりは積極的に参加したいです。

僕はブログの記事とかもそうですし、生き方についてもそうなんですが、出来る限り嘘や誤解を生まないようにしたいと考えています。

これは意気込みの話とはいえ・・・全く積極的な参加は出来なかったです。

事前の意気込みについて

2017年のA8フェスティバル大阪へはなんとなくの流れで参加したとはいえ、1つだけ大きな目的がありました。

後に書きますが、広告主に関して1つだけ回ってみたいブースがあったのです。

そういえば思い出すと結構やる気というか意気込みもありました。

でも参加を決めてからの数日間は体調がすぐれずに、アフィリエイトの進まない作業に睡眠時間が不定期になって体調は最悪でした。

会場は前年度と同じ場所だったとはいえ、ほとんど当日のスケジュールなんかも確認できず、前日にゲーム攻略ブログの動画作成で午前5時くらいまで作業していました。

最悪は寝過ごして参加できないとかいう状況です。

目覚ましをかけた時間より1時間以上早く目が覚めて最悪の睡眠不足の状況で2017年のA8フェスティバル大阪へ挑む事になりました。

実際の体験レポート

では最悪の体調のまま迎えた2017年のA8フェスティバル大阪ですが、実際に参加して体験した足取りをレポートしてみようと思います。

本当は12:30からのA8フェスの歩き方セミナーというのに参加したかったわけです。

でも実際は遅刻したので参加はできませんでした。

1人で会場までついた時に見た光景は恐ろしいほどの長蛇の列でした。

うわ・・・これきついな~と思って、まずはトイレを探しはじめます。

まずはトイレ探しから

会場内にあるのは知ってましたが、先にトイレに行きたくなったわけです。

長蛇の列の最後尾を通り過ぎてトイレを探しにいきます。かなり歩いたのですが地下から地上に出る出口までトイレはなくて、長蛇の列まで戻りました。

今度は逆に今来た地下街を戻ってトイレを探しにいきましたが見当たらずに、結局会場のトイレを使おうと最後尾に並びました。汗。

トイレ探しをしている間に既に入場は始まっていました。

でもってかなり時間が経ってから入場したわけですが、まずは去年も入ったトイレにたどり着きたまたま思ったことがありました。

あっ便器に陰毛がついてる・・・。

ま~別にどうでもいい普通の事なんですが、そんな事に気づきながら喉が渇いたのでお茶を買ってやっと一息つきました。

その後に今からどうするかと作戦を立て始めます。

一応は補足しておくと、ここはスベリ芸にて笑っていただけるという前提で書いてみました。

イベント内容のチェック

そういえば受付で首から下げるバーコードはもらったのですが、去年ももらったA8フェスティバル大阪用の大きな手提げ袋はまだもらってなかったのでどこで配っているのか探してもらうことにしました。

この時にお水も一緒にもらってます。

とりあえずパンフレットを見ながらセミナーに参加したいなと時間や内容をチェックします。

13:20からの初心者セミナーに参加してみたかったのですが、既に参加できませんでした。汗。

最初に会場についた時に列の最後尾に並んでいればもしかすると参加できたのかもしれませんが、痛恨の痛手です。

上級者セミナーには参加できないので4部の先輩メディアセミナーにどうやって参加するかをA8のスタッフの人に聞くとチケット配布で参加するという事でチケットを待つことにします。

その間はブース周りしかする事がないわけですが、ブースはそれほど周るつもりもなかったので膨大に時間をもてあます事になりました。汗。

広告主のブース周り

まず最初にそもそもブース周りは苦手というか、あんまり積極的に参加するタイプではないですが、1つだけ今回は回ってみたいブースがありました。

2017年のA8フェスティバル大阪に積極的に参加しようかと思った1つの要因です。

普通に書こうかと思ったのですが、一応は遠慮して書くことにしますが、以前に社長が逮捕された広告主にあの事件の真相はどうだったんですかとスタッフの人と雑談をしてみたかったんですね。

そういえば専業のゴミムシのアフィカス組織に全サイトを脱法リライトされて、A8とも著作権侵害でやりとりした関係の広告主でもありました。

あの時は刑事告訴までもっていくつもりで調査してましたからね。汗。

そういえばこのブログのドメインもゴミムシ組織の監視対象に入っていたような気がします。

ちなみに64企業の広告主が参加していたわけですが、自分が購入や体験して紹介できそうな企業や、それとなくふわっと紹介できそうな広告主は見つからず、どうにもならない状況となりました。

一旦は会場を後に

14:10から配布された4部の先輩メディアセミナーのチケットはゲットしたのですが、そこまでの時間がする事がなくなったわけです。

せっかくのイベントに参加してるのに活用できない消極的な人ってどこにでもいますね。

残念な人ですよね~。僕の事です。笑。

というつまらないネタをはさみつつ・・・。。

これどうしたらいいのと考えてもいい案はなくて、会場を後にして梅田に戻り路上ライブをしている人の音楽をなんとなく聴いてました。汗。

去年はA8 Bizキャンパスとかいうのが時間の隙間がなく開催されていたんですけどね。

そして睡眠不足で体調不良の中、だらだらと時間をつぶしているとセミナーに遅れそうになってあわてて会場に戻りました。

勇気を出して広告主ブースへ

時系列的には最後になるのですが、先輩メディアセミナーに参加した後に、いよいよ最後のブース周りをしようと決意を固めます。

ここで目的の広告主のブースにいかなければ一体何をしにきたんだという事です。

いざゆかんと気持ちを鼓舞して勇気を振り絞って一度は場所を確認しているブースに向かいました。基本的に他の広告主は特に興味もないですし、仮に声をかけられるとしんどいなと思っていました。

徹底的に誰にも目を合わせないようにして一直線に向かいました!

でも声をかけられてしまったんですね。確か女性の方だったのですが、あっと僕は思ってしまったわけです。

一瞬思考の迷いが生じる中で、相手のスタッフの方の顔も目も見ずに話を聞いていると、どうやら目的の広告主のスタッフの方だったようです。

そもそもブース周りとガラガラの抽選の仕組みもよくわからないままに、とりあえずパンフレットをもらおうと思いました。

そしてガラガラも回してみました。

とりあえず何かよくわからないのですが、予定と違う状況に少しテンパってしまったわけで、とてもじゃないですが雑談で社長逮捕の件を聞くという事は不可能でした。

それとは別にアフィリエイトについて少し聞きたいこともあったはずですが、既に頭からぶっ飛んでいたか、この後ぶっとんだかは定かではないです。

ガラガラを回してハズレだったのか景品みたいなのを手にした後に案内してくれた女性のスタッフの方が言ったのはパンフレットに登場している女性が受付をされている女性という事を説明してくれました。

僕はよく知らないん方ですが、キャンペーンされているという事でそこそこ有名な方なんですかね。

アフィリエイトの雑談か質問をしたかったのですが、状況を全く飲み込めずにパンフレットの女性とガラガラの受付をされている女性が同一人物という事だけを何とか頭で認識できたのですが・・・。

「あっそうなんですか」という一言さえ言えたかどうか不明なほどの沈黙。。。

なんじゃこりゃ~。汗。

お茶は濁しつつほぼ返しがなかった怪しい人になっていました。

A8フェスティバル大阪の終盤になってスタッフの人を避けるように目も合わさずブースに近づいて、パフレットをもらっていった怪しい中年のオヤジがいたなと見かけた人がいたかもしれません。

それが僕です。爆。

という事でせっかく声をかけてくれたスタッフの人の顔を最初から最後まで一度も見ずに、したかった質問も出来ずに終わってしまった惨敗広告主ブース周りの体験レポートでした。

これは本当ヤバイな・・・。

セミナーの感想

唯一参加する事ができた15:50からの先輩メディアセミナーの感想とセミナーの中身や専業でそこそこ稼がれているサイトについても分析していきたいと思います。

稼いでいる額的には明らかに格上というか雲の上の先輩なんですけどね。笑。

そういえばアフィリエイト経歴でいくと僕の方が何倍も長いですね。汗。

セミナーの内容

セミナーの内容ですが、初心者の人向けに話されているアフィリエイトの考え方、サイト構築の仕方、使っているツールなどは僕が知っている知識と一致していてまず間違いなく合ってるなと思います。

今からアフィリエイトをはじめます的な人には全くついて行けないレベルの話だったとは思います。

アフィカスのサイトについても話されていて、その辺りは僕も共感するところも多かったですね。

セミナーの進め方についてですが、会場の方への質問や、受講生同士での会話などが盛り込まれていたわけですが、これはちょっと時間的に無理がありますね。

僕も少なくとも10回前後は無料系のセミナーには参加した経験があるわけですが、ある時期からセミナーに取り入れられ始めた事を強く感じた手法的な進め方ですね。

いろいろと理由はあって、考えて行動するというのをセミナーに取り入れる事によって理解が深まるというメリットがあったり、もしセミナーの後にバックエンドの商品紹介があるのであれば来場者同士での会話はバックエンド商品の購入につながりやすいとかマーケティングや心理学的な手法の1つなんでしょう。

講師の方の自身の経験から取り入れられた講義の進め方だと思いますが、いかんせんセミナー時間が短い中ではちょっと苦しい感じというか意味がない気がしましたね。

ちなみに僕は両隣の人に話してみようかと思いましたが、スルーしてしまいました。汗。

ま~なかなかこの辺りはセミナーを受けている側としても難しいところですよね。

気になった事

後は少し気になったと言えば講師の方のお知り合いが2人ほど席におられてマイクを向けられていましたが、1人は講師の方にいろいろとアドバイスされていた先輩だったようです。

講師の方が稼げるようになったのは明確にこの先輩のアドバイスの要因が大きそうな感じがしました。

いろいろとセミナーは開催されていますし、有料でのコミュニティやアフィリエイト高額塾もあるわけです。

どこで知り合ったのかなというのは気になったところです。

やはりきちんと稼いでいる人に直接教えてもらうというのは稼げるようになる近道の1つだとは思います。

こういうのって日頃の行いで左右されるんですかね。笑。

サイトの分析

専業で稼げている講師の方のサイトを少しだけチェックして分析してみました。

ワードプレスでサイトアフィリエイトをされているようですね。

使っているレンタルサーバーやテンプレートなどはさすが王道でした。

ソースもちら見したんですが、あ~なるほどねという感じです。

後はホワイトハットでSEOをされているということでしたが、グーグルが推奨している対応を当然のごとく既に取り入れられていてさすがだなと思いました。

まだ対応してないアフィリエイターも結構いるようですが、もうこの流れは絶対的なので早めに対応しておくに越したことはないですからね。

気になったキーワード

そういえばサイトタイトルを見たんですが「自腹」とかいうキーワードを入れられていたのですが、ユーザーさんにとって意味がないような気もしますね。

それが当たり前のような・・・。

広告主から商品の提供がある人もいるけど、自分は自前で買っていて違うというのをアピールしたいのか、何か他に意味があるのかなと思いました。

もしかすると食べてもない商品をおいしいですとか言って紹介しているアフィカスとの区別がしたかったのかもしれません。

セミナーに参加された方はわかると思いますが、かなり情熱を持ってサイトを作られているので本当の事だと思いますが、ユーザーに響くとか意味があるのかでいうとちょっと理由がわかりませんでした。

まとめ

という事で2017年のA8フェスティバル大阪へ参加したリアルな体験レポートをまとめてみました。

とりあえずは体調不良での参加だったのできつかったです。

そして1人で参加すると恐ろしく時間をもてあます結果となりました。泣。

これってちょっと今後の参加はどうしたものかと考えさせられますね。

上級者セミナーに参加できるほど稼げるようになっていれば別なんですけど。

後は自分のサイトに広告を掲載したい広告主が明確にブースを出されているようなら話は変わってくるんですけどね。

ちょっとフェスティバル系のお祭り的な要素を含んだ雰囲気のセミナーは明確な目的や、時間が足りなくなるくらいの体験イベントがないと1人での参加は僕にとってはきついですね。

広告主が1社で開催されている無料セミナーも今は結構あるようなので機会があればいろいろと参加してみたいとは思っています。

ワードプレスでブログを作るなら

ワードプレスでブログを作ってアフィリエイトするときの鉄板レンタルサーバーといえばエックスサーバーです。


⇒ おすすめのレンタルサーバー比較

優秀な無料テンプレートや人気のある有料テンプレートを選ぶならこちらの記事をチェックしてみてください。

⇒ おすすめのテンプレート比較